日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国柄は非常の時に現れる(上)~ それぞれの「奉公」

大震災があってから、全然更新をしていませんでした。
私の住む県も被災県で、海岸沿いの地域が津波の被害をかなり受けています。
私が住んでいる家もぐし瓦が落ちたりして、現在はブルーシートで応急処理状態だったりいたします。

震災から2ヶ月ちょっと経過し、被災地のニュースもあまり流れなくなりましたが、復旧のために身を粉にして働いている方々はまだまだ当然いらっしゃいます。
今回はそんな方達の活躍を、私が読んでいるメルマガからの転載でご紹介します。



■■ Japan On the Globe(699) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■

国柄探訪: 国柄は非常の時に現れる(上)~ それぞれの「奉公」

 自衛隊員、消防隊員は言うに及ばず、スーパーのおばさんから宅配便のおにいさんまで、それぞれの場で立派な「奉公」をしている。

■転送歓迎■ H23.05.22 ■ 38,460 Copies ■ 3,416,928Views■
無料購読申込・取消: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/
携帯向けブログ → http://japan-on-the-globe.at.webry.info/



■1.「家がこんな状態なのに行くんですか」

 宮城県の沿岸の都市で、ある酒屋が今回の大地震と津波で壊滅的な打撃を受けた。若者と母親が店内の片付けをしていると、制服の自衛官が来て、1枚の紙を示した。「召集令状」である。

 若者は元自衛官であり、万が一の時に招集に応ずる即応予備自衛官であった。若者は令状を示す自衛官に直立して「了解しました」と答えた。

 横からテレビのレポーターが「家がこんな状態なのに行くんですか」と聞くと、「そのために何年も訓練してきたんです。いま行かなければ、10年、20年と後悔しますから」 そばにいた母親も「人のためだから、行きなさい。うちのことは何とかするから」と声をかけた。[1]

 元自衛官で、万が一の際、自衛隊に復帰して現役並みの活動を期待されているのが、即応予備自衛官である。現在、約5600人いるなかで、今回の震災では4月中旬時点で、1300人が招集されていた。

 教育勅語に、理想の国民像として「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ」(もし危急の事態が生じたら、義心と勇気を持って、公のために奉仕し)との一節があるが、まさにそれを絵に描いたような一場面である。



>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース

教員時代にこんなことがありました
個人的にいろいろと忙しく放置してしまっており、前回の投稿から随分とご無沙汰してしまいました。
まぁこんなブログ、物好きな方しか読まないと思いますので、勝手に書き散らかします。(笑)

私が教員を目指していた一時期、期間付きの講師をしていたことは以前の記事で書いたことがありました。たまたま先日、昔の同僚と飲む機会があり、その頃の話に花が咲いたのですが、その時の話をいくつか披露しますね。
今をさかのぼる事16-7年前の話、ゆとり教育が始まる前夜のことです。

1, だって可哀相じゃない

 その同僚が授業していた時の話、黒板に板書した後に説明をしようと生徒たちの方に振り返ると、教室の後ろの方で数人の生徒が一か所に集まりワサワサしている。「何? どうしたの?」と同僚が問いかけても、集まっている生徒たちは無言で、ある女子生徒の机や周りの床を拭き掃除をしているようだ。
ちょっとすると「先生、○○さんに付き添って保健室行ってきます」と一人が言い、その女子生徒と連れ立って教室を出て行った。
どうやら、その当時流行していたノロウィルスのせいで、女子生徒が授業中に嘔吐してしまったらしい。普通のクラスならそこで大騒ぎになると思うのだが、そのときのクラスメイトは何も言わず、教師からの指示も待たずに、自ら雑巾や教室備え付けのティッシュでその女子生徒の吐瀉物を片づけていたのだった。大人でさえ進んでできることではないのに、当時14歳の子たちはやってのけた。しかもその後、5分と経たずに通常の授業に戻り、授業は進み、何事もなかったかのように授業終了のチャイムが鳴った。
授業の後、同僚は片づけをしていた子たちに「よく、後片付けができたね」と問いかけると、「だって可哀相じゃない」という答えが返ってきたそうだ。

2. 先生、楽しくやろうよ
 「3年生を送る会」の前日の放課後、2年生が体育館に集合しその準備に大わらわ。ビニールマットを敷き、その上に椅子を並べ、演台の準備をし、と教員・生徒みんなで作業していた。が、そこに3年の学年主任、N先生が登場! 「こんな並べ方じゃだめだ! 全然そろってないじゃないか、やり直し!」
それを聞いた激怒したのは、今回送る会の取り仕切りを任されたH先生。その辺の椅子を蹴飛ばしたりして荒れ始めた。この時点で既に時間は夜の7時近く。同僚たちがH先生をなだめにかかろうとしたその時、H先生のクラスの女子生徒が荒れているH先生に歩み寄った。そしてH先生の腕を掴んで揺さぶりながら言う。
「先生~、こんな時間までみんなで頑張ってるんじゃない。楽しくやろうよ~」
この一言で、H先生は我に返った。「そうだな、がんばるか・・・」
それからはメジャーを使って椅子をそろえ、誰からも文句が出ないような整然とした会場を作ることができた。翌日の「3年生を送る会」も勿論大成功でした。

3. 挨拶禁止命令
 普通、生徒たちには来校者に必ず元気良い挨拶と会釈をするようにと指導します。当時、私の勤務していた中学校はこれが徹底しており、どんな所からでも先生や来校者が見えたら、挨拶するようになっていました(特に野球部とサッカー部が争うように挨拶していました)。
ところが、これが問題となり「過剰な挨拶は禁止」のお達しが出たのです(笑)。この中学校、校舎がコの字型に建てられ、そこの中庭は上履きのまま行き来できるようになっています。そこを休み時間に来校者が通ろうものなら、周りの校舎の2・3・4階から「こんにちは!」の挨拶の嵐。どこに会釈を返していいものやらという事態に。
また、放課後など父兄が部活動見学・手伝いにグラウンドに行く時にも、すれ違う生徒ごとに挨拶され、なかなかグラウンドまで辿り着けない。しまいには「グラウンドに行くのが怖い」と言い出す父兄も出てくるあり様。
そのような状況が発生するにおよび、『言葉の挨拶は無しで会釈のみとする』ということになったのでした。




以上、短い話を3つほど私の教員時代からご紹介しました。当時を振り返ると、みんな素直ないい子たちだったなと思います。特に、1の話で紹介したような子たち、そうざらにいるものじゃないですよね。自分の子供にもこういうことが自然とできるようになってもらいたいものですが、その前には親が手本を示せないと駄目ですね。もっと頑張らないと・・・^^;

テーマ:出来事 - ジャンル:学校・教育

日本はすごい国!?
久々の更新です。

2ちゃんねるからのコピペ紹介ですが、「日本ってすごい国なんだなぁ」と思わされますね。


283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/11/27(木) 05:51:09.30 ID:yOf22ehJ0
外人が日本人を特別視してるってのは、自分の国の歴史少しでも知ってたら誰でも分かるだろ。
まず、資源が全くないってことはすごいこと。もう両手両足もがれたぐらいのハンデ。
しかもすごいのは、米国の3分の1の人口、わずか25分の1の領土で、
その上ただでさえ極小の国土の7割が山、山、山。なーんにもない、山・・・。
だから農業で輸出して食べていくことすらできない。条件からして最貧国でもおかしくない国。
そんな国が、100年ほど前で当時世界最強クラスだった露助とか清をあっさり倒して、
非白人国家で普通に白人常任倶楽部仲間入りしちゃってて、おまけに米国敵に回してガチで戦争して、
世界で唯一米国本土爆撃して、英国の無敵艦隊フルボッコにして、オランダ倒して、
世界で唯一原爆落とさせるほどてこずらせて。しかも二発だよ。二発。考えられない。
敗戦とか言ってるけど日本のせいでアジアから白人の植民地全部消されたし。
しかも信じられないのは、戦争に負けてただでさえ何にもない国がさらにインフラまで全部叩き潰されて、
多額の賠償金まで背負わせて100%再起不能にしといた極貧衰弱国家で、
今度こそ生意気なイエローモンキーが消えて数百年はウザイ顔見ないで済むと思ってたら、
直ちに再び白人社会に経済で参戦して来くさって、
参戦どころかごぼう抜きでたった2,30年であっという間に米国さえ抜いて世界第一位。
東京の土地だけで米国全土が買えるほどの呆れた価値になっちゃう程の超絶経済力で世界中( ゚Д゚)ポカーン・・・状態。
その後もずーっと二位維持。頭一本でそれ。しかも経済の80%が内需。内需だけでそれ。
金融とかでまだ全然進出してないし車や家電、工業製品ももまだまだ進出しきってなくてそれ。
もうキチガイの域。伸びしろありすぎワロタ。戦後60年一発も打たずに侵略せずにこれ。
何気に世界最長寿国とかなってる。んで今度は漫画・アニメ・ゲーム。気がつけばハリウッドの規模とっくに超えてる。
アメリカの検索で一位になってるのが日本のアニメとか。世界中で一番人気の映像作品が日本のアニメとか。
しかも最近の話をすると日本の防衛庁がガチでガンダムとファンネル開発してる。
挙句に光学迷彩まで研究開発してる始末。どんだけ夢を求める国なんだと。
極めつけは世界一長い国号、2000年のどの白人より長い王室ならぬ、
その上の皇室保有。エンペラーに代表される歴史。

普通の神経してたらこんな国怖くて関わりたくない。




日本人が変態過ぎる件

つい最近ニュースで話題になった探査衛星「はやぶさ」、どうやら地球に帰ってくる目途が立ったようで喜ばしい限りです。 が、日本人技術者には頭が下がるのを通り越して、「King of Hentai」の称号を贈りたいぐらいw

でも、ほんとにすごいですね。素直に拍手!




テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

終戦直後の天皇と日本人
私が読んでいるメルマガにて紹介された記事ですが、引用させていただきます。
もっと前に紹介したかったのですが、遅くなってしまいました。


引用開始 ここから ⇒

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル■

復興への3万3千キロ

「石のひとつでも投げられりゃあいいんだ」占領軍の
声をよそに、昭和天皇は民衆の中に入っていかれた。
■転送歓迎■ No.1549 ■ H21.04.27 ■ 9,306 部 ■■■■■■■


■1.石のひとつでも投げられりゃあいいんだ■

 ヒロヒトのおかげで父親や夫が殺されたんだからね、旅
先で石のひとつでも投げられりゃあいいんだ。

 ヒロヒトが40歳を過ぎた猫背の小男ということを日本
人に知らしめてやる必要がある。神さまじゃなくて人間だ、
ということをね。

 それが生きた民主主義の教育というものだよ。

 昭和21年2月、昭和天皇が全国御巡幸を始められた時、占
領軍総司令部の高官たちの間では、こんな会話が交わされた。
[1]

 しかし、その結果は高官達の"期待"を裏切るものだった。昭
和天皇は沖縄以外の全国を約8年半かけて回られた。行程は3
万3千キロ、総日数165日。各地で数万の群衆にもみくちゃ
にされたが、石一つ投げられたことはなかった。
>>続きを読む

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。