日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南京大虐殺の偽証言
南京事件の記事を書いたので、続けて・・・

中共や反日サヨク曰く
『日本軍は中国でこんな残虐なことをした証拠』として、旧日本軍人による証言を出してきます。当時軍人だった言わば生き証人が言うことですから、当然真実を語っているのだろうと普通の人間なら思います。

ところが、中には妙な人がいるものでして、ありもしなかったことをわざわざ作って「ウソの証言」をするんですよ。

以下、いろんなところに貼られております偽証言者のテンプレ。

東史郎…一番有名な捏造者。原本が存在しない創作をバラまいた。中国じゃ未だに真実扱い
中山重夫…段列兵の立場で虐殺目撃談を語ったがそもそも現場に居合わせるのは不可能だったことが判明。
富永博道…当時は学生だったのに自分は南京戦に参加し虐殺したと証言。経歴照会であっさり嘘判明
舟橋照吉…東の懺悔屋成功に載せられて日記捏造。
       輜重兵の自分が1人で敵陣突撃し勇戦するというカッコつけかました仮想戦記な内容であっさり×
曾根一夫…野砲連隊の二等兵だったのに、歩兵で下士官だと経歴と日記を捏造。
       やっぱり経歴を調べられて嘘と判明。懺悔屋の代表格で、あの秦教授も騙された
田所耕三…強姦と虐殺を証言していたが、所属部隊が当該日時南京を離れていた事が判明。
       後に「普通の話だと記者が興味を示さないから…」と捏造を白状
太田壽男…死体大量埋葬を供述書に書く。が、梶谷日記(捏造物の数々と違って原本確認できる)
       により当時証言場所にいなかった事がバレる。撫順収容所での洗脳後に書いた捏造だった
富沢孝夫…海軍の暗号兵で、「南京発の松井軍司令官の虐殺を戒(いまし)める暗号を傍受・解読した」と証言
       (だから逆説的に虐殺があったという主張)。だが陸軍の暗号を海軍の知識しかない彼が
       解読するのは不可能で、おまけに証言日時には松井司令官は蘇州で入院していた
上羽武一郎…「上官の命令で強姦虐殺放火をした」と証言。
       しかし彼は「(後方で担架運びの)衛生兵」でしかもそんな命令が出たという史料は一切無し

偽証言・偽手記・偽もしくは改竄記録が出回っているので注意
これらは検証を受けるまでは堂々と真実として喧伝されていた



ただ、これだけではサヨク連中に「インターネットのテンプレじゃないか、ソースを出せ」といわれるかと思いますので、とりあえず、わかる分だけでもソースを貼っておきます。

再審「南京大虐殺」  竹本忠雄・大原康男  明成社より
P.107より   田所耕三
 『ザ・レイプ・オブ・南京』に引用されている田所耕三という人物は、南京陥落後約十日間にわたって、殺人と強姦を行ったと述べている(『アサヒ芸能』昭和46年1月28日号)。しかし、彼の所属する部隊は陥落二日後の十二月十五日には南京から転進しており、この人物が十日間も南京に残留できるはずがない。彼自身、のちに取材に応じて「記者が何かおもしろいことはないかと聞いてきたので、あることないこと喋ったんだ」と、この発言自体の信憑性を否定している。

同書
P.108より   曽根一夫
曽根一夫という人物は「手記」を出版し、そのなかで南京戦と南京陥落後の虐殺事件の実行と目撃談を書いている(『続・私記南京虐殺』など)。しかし、この人物は手記のなかで自らを歩兵の分隊長と称しいるが、実際は砲兵の初年兵であった。砲兵は、一般に歩兵とは違って第一線での戦闘に参加することはなく、実際に曽根が所属した部隊(第三師団野砲兵第三連隊)は、南京線では後方に位置した部隊であり、中国兵を間近に見るという戦闘には参加していない。また、入場式には彼の属する部隊の一部が参加しただけで、部隊そのものは南京城内に入ってもいない。従って、彼が書いているような虐殺を南京やその近郊で見ることも実行することも不可能であり、南京戦中、行動をともにした戦友もそうした虐殺行為を目撃・実行することはあり得ないと証言している。つまり、曽根の「手記」そのものがまったくの創作だということである。
こうした「自白」証言は、当人ばかりか戦友も虐殺行為の実行犯として記述する。もし、その証言がウソであれば、戦友の名誉を毀損するのは、当然のことである。

同書
P.109より  東史郎
「日記」のなかに、南京中心部で当時の上官が中国人を郵便袋に入れ、これにガソリンをかけて火をつけ、さらに手榴弾をくくりつけて爆発させて、その中国人を殺したという記述がある。 それに対して、この元上官から名誉毀損罪で告訴された。この裁判は「東裁判」とよばれ、マスコミにも注目されたが、東京地裁、東京高裁ともに訴えた元上官が勝訴している。
 これに対して、東は最高裁に上告したが、二〇〇〇年一月二十一日最高裁は一、二審判決を支持し上告を棄却した。東証言を重視する中国政府側は「虐殺を否定する不当な判決だ」と反発しているが、これまでの裁判を通して、次の二つの点が明らかになっており、既に「東日記」に信憑性はないと判断されている。
 一つは、東が記述した残虐行為が可能か否かという点である。これについては、東が記述した残虐行為は物理的に不可能であり、実際にはあり得ないと判定された。
 もう一つは、その原典である「日記」そのものに信憑性があるかどうかという点である。控訴審では、東が戦前に書いたとされる「日記」の現物が裁判所に提出されたが、南京戦に関する部分は、当時「懐中手帳」に書き、それを二、三年後に書き写したと主張したが、その「懐中手帳」は法廷に提出されなかった。さらに、東は、ある展示会に貸出したところ返却されなかったと主張したが、その主張は、展示会の先任者などによって否定された。
 また、東京高裁は、東の「日記」の提出された部分についても、「全てが昭和十五年から十九年にかけて書かれたわけではなく、内容によってはかなり後年(終戦後に)加筆修正された部分もあるのではないかとの疑問も生ずる余地がある」と判定した。
 そうした検討の結果、東京高裁は、「いずれにしても、昭和十三年三月以前(編者註・南京戦の頃)についての原資料である懐中手帳などは存在しない」と判定、この判定を最高裁も支持した。昭和十三年三月以前に関する原資料がないとすれば、東の主張自体を根底から疑わしいとするのは当然のことであろう。





ふぅ、疲れた・・  とりあえず今日はここまで。

他の偽証言人物のことを書いている本などご存知の方、教えていただけるとありがたいです。

スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

マスコミの報道姿勢
つい先日の日曜日(4/6)、深夜の日本テレビ系列でこんな番組が放映されました。

  NNNドキュメント'08 兵士たちが記録した 南京大虐殺

 番組解説(NNNドキュメント'08から)
日中戦争真っ只中の70年前、南京陥落時に起きた南京大虐殺。様々な論議を生み、虐殺の人数さえ両国の間で大きな開きがある。その事件について、20年間身を削るような調査を続けてきた人がいる。彼が探り当てたのは、兵士が最前線で綴った「陣中日記」。そこには日本軍が中国人捕虜一万数千人から二万人を一挙に虐殺したことが記されていた。また日記からは、勤勉に田畑を耕し家族を愛し、生きるのに懸命だった農民が、突然戦場という異常な世界に放り込まれ、殺戮者に変貌していく姿が浮かび上がる。陣中日記をもとに虐殺の軌跡を追う。




この解説文から既にこの番組の偏向報道がうかがい知れます。というのは、製作者側が「まず南京大虐殺ありき」という姿勢で作っていると思われるからです。(この番組は録画失敗して実際には見ていませんので、上記の解説文からのみ判断できることを書かせていただきます)

いわゆる南京大虐殺と呼ばれているものについては、各種メディアやインターネット上で侃侃諤諤の議論がなされており、それぞれの主張により肯定派・否定派・中間派と区分けされているようですが、インターネット上では肯定派はだいぶ旗色が悪いように感じられます。(私自身は否定派)

中国側が主張している30万人大虐殺が政治的な数字だということは近年、中国側も認めているようですし、実際に日本軍が30万人を虐殺したという具体的な証拠は何もありません。


で、困った肯定派が大虐殺の最後の拠り所としているのが、今回この番組で取り上げた「幕府山事件」と呼ばれるものです。歩兵第65連隊が一万数千名の捕虜を虐殺したとされる事件ですが、非常にざっくり言うと、肯定派の「陸戦条約の戦時捕虜の扱いに照らし合わせて違法」との理論と、「便衣兵として処理したのだから違法ではない」・「戦数として処理した」などの否定派の理論がぶつかり合っています。

現代の感覚から言えば「捕虜を殺すとはけしからん」ということになりますが、当時の状況とかもありますから一概には言えません。 しかも、いわゆる南京大虐殺(この幕府山事件を含めて)は、当時日本も中国もまったく問題としていなかったという厳然たる事実があります。
(当時、国民党政府が外国人記者に行った300回の記者会見で「南京虐殺」が一度も言及されなかったことは、『南京事件―国民党極秘文書から読み解く』東中野修道著で説明されております)


南京事件について書くとなるともっと紙数が必要になりますが、とりあえずこの辺にしておきます。
で、私が何が言いたいか。(長い前振りでごめんなさい)

日本のマスコミは南京事件のことをもっと勉強しなさい。 確かにこの幕府山事件を一人で掘り起こし、陣中日記から当時起こったことを調査している小野氏は立派ではあります。しかし、「捕虜の殺害」があった=虐殺 とするその報道姿勢はどうなんだと。 幕府山事件などインターネット上で色々議論されているにもかかわらず、当時の状況とかの掘り下げ等がなされず、「まず南京大虐殺ありき」という姿勢はおかしいのではないか。 

まぁ番組自体を見ていないのでなんとも・・  なのですが、番組内で否定派の理論とか紹介されていたんでしょうか?  それらを提起してこそ価値ある番組になると思うんですけどね。
危険なのは、否定派の意見などが紹介されていない場合、この番組を見た方は南京大虐殺があったと判断してしまうことになりかねません。そういう意味でも偏向報道だと指摘されても仕方がないことでしょう。

南京大虐殺についてもっと知りたい方は、以下のページをお勧めいたします。

 南京大虐殺は嘘だ

 便衣兵の「処刑」に裁判は必要だったのか

 北の狼投稿集:「便衣隊」考編







反戦市民団体の尻尾
皆さんは「ヨコスカ平和船団」という反戦市民団体はご存知でしょうか?
まぁ、名前からしてちょっと胡散臭いのですが、ここの掲示板が昨年から継続して炎上しております。

なぜ炎上しているかというと、この団体の活動方針の筆頭に上げられている「1,ヨコスカ平和船団の目的は、私達の海を軍隊から取り戻し、命の海を創り出すこと。」の実際の活動として、米軍艦や自衛艦が横須賀港に寄港するごとに反対運動を繰り返すくせに、某国の軍艦が入港した際には華麗にスルー、いえスルーどころか民族衣装を着てお出迎えまでなさったようです。
(掲示板にそのことが書かれていたはずなのですが、過去10ページ分のログしか残せない)

このようなダブルスタンダードを指摘されての大炎上だったのですが、「ヨコスカ平和船団」側はこの掲示板へのリンクを切り離して、相変わらず電波ユンユンのHPを運営中ですw。

そんなHPから、こんなものを見つけました。
詳細は読んでいただければいいんですが、その中のこの一文に興味がひかれました。

『ミサイル防衛という表現はあたかも敵のミサイルから自らを守る印象を与えますが実態は逆です。敵のミサイルを破壊して攻撃する為の兵器システムです。』

( ゚д゚)ポカーン ・・・     ごめんなさい。興味がひかれたというより、萎えた・脱力したというほうが正解ですね。

ある程度の軍事知識がある方は彼らの言い分が如何に荒唐無稽かお分かりになるはずです。北朝鮮のミサイルに対応するために導入予定のMD(パトリオットPAC3)は、あくまで迎撃専用のミサイルであって他国を攻撃できる能力など持ち合わせておりません。また、自衛隊のイージス艦にはトマホークミサイルなど搭載もしておりませんし、もちろん購入さえしていないのです。
(自衛隊が売ってくれ、といえば米側は喜んで売ってくれると思いますが、専守防衛の観点から自衛隊は導入するわけがないのです)

米軍艦が搭載しているトマホークミサイルは別名巡航ミサイルとも呼ばれ、あらかじめ目標となる施設までのルートの地形などをインプットしておき、低空飛行で敵のレーダー網をかいくぐりピンポイントで攻撃を行うというものです。確かに攻撃兵器ではありますが、正確に目標を攻撃できますので民間人への被害を極力抑えることが出来るものです。
それに対して、北朝鮮や中国のミサイルはどうでしょうか? 正確なデータはもちろん判らないのですが、通常、弾道弾と呼ばれるミサイルの目標への命中率は非常に誤差が生じやすいそうです。ましてや、技術力が低い国が作ったミサイルならなおさらですね。

大体、日本に向けたミサイルを持つ国家があるので、仕方なくそれに対しての自衛手段を講じただけなのに、この自称「反戦市民平和団体」サマは何を考えているのでしょうか? 反対運動をするなら「日本に向けたミサイルを所有する国家に対して」行うべきでしょう。
「ヨコスカ平和船団」に限らず、いわゆる「反戦市民平和団体」が朝鮮総連本部ビルや中国大使館前に行って思いっきりシュプレヒコールを挙げてくれば多少は見直してあげるのですが、寡聞にしてそういう例はいまだかつて聞いたことがありません。

日本という専守防衛の、襲い掛かってくる敵を打ち払う刀しか持たない侍を非難し、卑怯な飛び道具でこっそり狙い打とうとする悪漢の方には媚を売る「ヨコスカ平和船団」を筆頭とする市民団体。

まぁ、今更なんですが言わせてもらいましょう、『この売国奴!!』

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。