日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
反日NHKがまたやらかしたらしいです
最近のマスコミの偏向報道や捏造報道は目を覆わんばかりですが、日頃から日本を貶め、特亜マンセーな情報を流してるNHKがまたやらかしてくれたようです。

日本の保守派であれば、台湾(特に御年配の方々)の親日傾向が強いことは知っているはずです。それにも拘らず、日本統治時代を経験した方をインタビューし、「あんなことをされた、差別もされた」的な発言のみを都合よく編集し、台湾=排日国家というように印象を持たせるのを目的としたかのような番組を作成したようです。

このNHKのインタビューに協力したご老人は、日本統治時代をプラスの部分50%、マイナスの部分50%とし、『NHKの取材を受け、インフラや教育のよさを語ったのだが、番組は全然取り上げなかった。』と語っています。
(詳しくはリンク先をご確認ください)


【転載転送歓迎】NHKの「反日」番組による「反日台湾宣伝」には、とんでもない台湾人の証言への操作があることが明らかになりました。
このレポートを転載、転送して中国を喜ばすだけのNHKの宣伝打破にご協力ください。
また一番下に抗議呼びかけの訴えもあります。これにもご協力ください。

                        台湾の声編集部

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


証言の「断片」のみ放映
台湾の被取材者が怒る反日番組
「NHKスペシャル/シリーズ・JAPANデビュー」


ブログ「台湾は日本の生命線!」より ↓ブログでは関連写真も
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-716.html 




この番組の制作者たちのために、放送法を一部抜粋しておきましょう。

(放送番組編成の自由)
第3条 放送番組は、法律に定める権限に基く場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることがない。
(国内放送の放送番組の編集等)
第3条の2 放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
 1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
 2.政治的に公平であること。
 3.報道は事実をまげないですること。
 4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。


どこかの、終日視聴率がひと桁の放送局にも、もう一度自分たちのやっていることを胸に手を当てて考えてみろと言いたいもんです。

あぁ、そう言えばこちらの放送局、麻生首相の漢字読み間違えを指摘してたのに、実は間違えたのは自分だった、しかも謝罪なし、なんてこともやってるようです。呆れてものも言えない。
潰れてしまえとまでは言いませんが、もっと常識を持ったまともな方に報道をしてもらいたいと切に願います。
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。