日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今更ながら  ピースボート です
今更感は拭えませんが、中々香ばしいニュースですから取り敢えず取り上げておきます。


「反対…でも守って」海自がピースボートを護衛
配信元:産経新聞  2009/05/14 02:36更新


海賊対策のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛したことが13日、分かった。ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張とのギャップは議論を呼びそうだ。

 海自の護衛艦2隻は11日から13日にかけ、ソマリア沖・アデン湾を航行する日本関係船舶7隻を護衛。うち1隻がピースボートの船旅の旅客船だった。ピースボートは社民党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。船旅は寄港地のNGO(非政府組織)や学生らと交流を図ることなどを目的としている。

 66回目となる今回の船旅は約3カ月半に及ぶ地球一周で、北欧5カ国とフィヨルドを巡るのが目玉。約600人が参加し、4月23日に横浜港を出発後、中国とシンガポールに寄港。ピースボートのホームページには船旅の最新リポートとして、デッキで催されたフルーツパーティーの様子が掲載されている。

 ピースボート事務局によると、船旅の企画・実施会社が護衛任務を調整する国土交通省海賊対策連絡調整室と安全対策を協議し、海自が護衛する船団に入ることが決まったという。

 ピースボートは市民団体による海自派遣反対の共同声明にも名を連ねている。事務局の担当者は「海上保安庁ではなく海自が派遣されているのは残念だが、主張とは別に参加者の安全が第一。(企画・実施会社が)護衛を依頼した判断を尊重する」と話している。




反日市民団体の面目躍如です(笑)。 
普段は高尚な理想論を振りかざしておきながら、いざ自分の身に危険が降りかかるかもしれないとなると批難していた側に頼る。これをダブルスタンダードと言わずして何と言うのか。浅学な私には皆目見当がつきません。アタマノイイピースボートノミナサンに教えて頂きたいぐらい。

とまあ、嫌みはこのぐらいにしておいて、今回のピースボートの件ですが、いろいろと調べてみると
ピースボートの中でも「平和」を看板にする連中と「ピースボート」事業を行う人々とは違うので、ピースボートといえどもガチガチの一枚岩ではないようです。さらに言うならば、ピースボート自体が『平和』を看板に掲げただけの旅行代理店が実態なのではないか?という指摘もあるそうです。

実際のクルーズに参加している方は、ピースボートの理念に共鳴して参加しているのではなく、安い料金で船旅を楽しめるから利用した人が多いのではないでしょうか? ただ、これはピースボートサイトのクルーズ参加者へのレポートで、誰も政治理念とか出していないことからの推測でしかありません。  もっとも、そんなところでその手の話を書いたらお客さんが来なくなっちゃうというのもあるんでしょうけど・・・

NGOとは言いますが、資金がなければ活動できないのは世の道理ですので、このピースボートのクルーズ事業で得た利益で色々と反日的なことを行っているんでしょうか? ピースボートサイトを見ると通常の企業サイトで見るような『会社概要』に当たるページが無いんです。どんな方針で運営し、どこから得た資金で、どのような活動を行い、その結果こうなりました、収支はこうです、みたいな。
NGOだからこそ、そういうところははっきりと透明性を保たないといけないと思いますし、何やっているか分からないような団体に、誰だって関わりは持ちたくないはずです。

今後ピースボートに対して何か行動を起こす際には、この辺を突破口にすると面白いことになるかもしれませんね。








スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

中国資本が日本の水源地を買収
気になったニュースがあるのでご紹介します。



中国資本が日本の水源地を買収 危機感強める林野庁、調査開始 2009.5.12 23:36

中国の企業が西日本を中心に全国各地の水源地を大規模に買収しようとする動きが、昨年から活発化していることが12日、林業関係者への取材で分かった。逼迫(ひっぱく)する本国の水需要を満たすために、日本の水源地を物色しているとみられる。




詳細はリンク先の記事で確認していただきたいのですが、またまた新たな問題が発生しているようです。林野庁や政治家には早急の対策立案、法整備をお願いしたいところです。
世界一かわいそうな軍隊は、自衛隊
撃論ムック 「世界を愛した日本」(オークラ出版 西村幸祐 責任編集) の中に、異色対談『日本ほど素晴らしい国はない!』と銘打ち、田母神俊夫 前航空幕僚長と、川口ユディさん(ハンガリー生まれのジャーナリスト)との対談が掲載されています。
今回のブログ記事タイトルは、その対談中の小見出しから取りました。 以下、その部分の抜粋です。

撃論ムック 「世界を愛した日本」(オークラ出版 西村幸祐 責任編集)  P.158~159より抜粋

世界一かわいそうな軍隊は、自衛隊

ユディ 今の日本で一番変わってほしいことは?

田母神 やっぱり変わってほしいのは自虐史観ですよね。これを本当に何とかしたい。これが変わらないと日本が自立していくのはきわめて難しいですよ。日本が一番世界と違うのは、国民の軍に対するイメージなんですね。軍というのは普通の国では「国家の中で一番モラルの高い人たちの集団」と認識されている。だから敬意を払われている。それが日本では「あいつら見張っておかないと悪いこともするかもしれんから気をつけろよ。知らんうちに突っ走って戦争やって、国を破滅に陥れることのないよう、動けないように見張っとけ。」と、こういう感じです。そうやって見張られているから、自衛隊は動けません。結果、拉致の船が来たって国民を守れない。船を攻撃して、沈めることができないわけだから。海も空も、領海侵犯とか領空侵犯されても、よその国が当たり前にやるように、きちんと対応できないでしょ。これが一番困るんですよね。既成事実をどんどん作られてしまう。海外行っても、自衛隊が普通の軍と同じように戦えないわけでしょう。

ユディ 信じられない。たとえば敵が目の前にいても、敵が撃つまで撃っちゃいけないんでしょ。ビックリですよ。しねと言っているようなものね。

田母神 だから実際、イラクに派遣された自衛官はみんな屈辱だったんですよ。オーストラリアやイギリスに守られて。

ユディ 世界で一番かわいそうな軍隊は間違いなく自衛隊ですよね、本当に。

田母神 それもこれも自虐史観が根底にあるからです。これをどうにかしないと本当に直らない。長期的には歴史教育を変えていかなければダメだと思う。短期的には強いリーダーの登場ですね。リーダーが強くなれば、日本は変わりますよ。たとえば、石原慎太郎氏が都知事になったことで、東京は大きく変わった。大阪府も今そうでしょう。橋本徹知事の支持率は就任から一年経っても約八割です。彼も相当むちゃくちゃ言っていますよ。「あの馬鹿たれが」とか。それでも八割だから。やはり人は強いリーダーを求めているんですよ。

ユディ でも、そういうことはバリバリ言ったほうがいい。日本人は頭がいいから、はっきり言えば伝わりますよ。




以前の記事でも取り上げたことではあるのですが、領海侵犯・領空侵犯についての考え方は、おそらく日本人の大部分の人が、田母神前航空幕僚長の考えに賛同されるのではないかと思います。ですが、戦後の自虐史観によって、私たち日本人は軍隊をもってはいけない、他国に攻撃してはいけないと盲目的に信じ込まされてきました。
たとえば、他国の船や飛行機が日本領土を侵犯したとしても、退避勧告のみしかできず、あまつさえそれを無視されて我が物顔でふるまわれても、発砲すらできず、といったニュースなどを見聞した時に、「なんと日本の不甲斐ないことか!」と思われる人はたくさんいるはずです。
しかし、「でも、日本は憲法9条があるしな・・」とか「国の交戦権は認められてないし・・」と学校で習ったことを思い出し、そこで思考停止してしまうのでしょう。(かつては私もそんな一人でした)

ですが、インターネットの出現により情報をマスコミが独り占めする時代が過ぎ、ネットを使用した新たな情報獲得の手段が得られ、かつ個人の持つ意見を大多数の人に主張することもできるようになりました。日本という国が本当にダメになってしまう前に、このようなネット環境が登場してきたことは、とてつもなく僥倖でないのかと考えています。

今回紹介した自衛隊がらみの憲法改正の他にも、外国人参政権、国籍法、在日特権、領土問題等々、日本が抱える問題はいろいろありますが、まずは私たち日本人の一人一人が問題意識を持って取り組む必要があると思います。一人ひとりの力は確かに小さいと思いますが、サイレントマジョリティ(笑)がどんなことを考えているのかを世の政治家たちに知らしめるためにも、休み休みではありますがブログ発信を続けていこうと思っています。

テーマ:自衛隊/JSDF - ジャンル:政治・経済

日本人はとても素敵だった(1)
先月のNHK偏向報道問題からこちら、台湾についての書籍を少しずつ読んでおります。
先日ご紹介した『台湾人と日本精神』も読み終わりました。また機会があればご紹介しようと思います。

その後、小林よしのりさん著『台湾論』を読み、今は台湾人の楊 素秋さん著『日本人はとても素敵だった』を読んでいる途中です。

その『台湾論』の中で、村山富一と売国奴No.1の座を争っている河野洋平の話がありました。

日中外相会談などのためバンコクを訪れる途中、天候不良で台湾に一時着陸した時のことも話題になった。河野はこのとき飛行機から降りずにじっと閉じこもって、そのままバンコクに飛び去って行った。
さらに驚いたことに、河野はそのことを中国の要人に「私は台湾の地を一歩も踏みませんでした」と自慢して忠誠心をあらわしたのだ。それでますます中国になめられ軽蔑されることになりました。
まるでイソップのバカ犬みたいな腰ぬけ外交である。



だそうです。また、李登輝元総統が心臓手術後の検査のため来日しようとした時のビザに関しても、この河野洋平が外務大臣で「政治的影響力が非常にあるなら、必ずしもまったくの私人とは言えない」としてビザの発給を拒否したりとしていたとのこと。

その李登輝元総統の来日問題の頃は、私自身が政治・歴史に全然興味が無かったので、「またTVでなんかやってるな~」ぐらいでしか見ていませんでしたが、そういうことが取りざたされていたのだけ覚えています。今、こういう話を聞くと、この男は昔っからこんなことばかりしていたのだなと実感させられました。
やはり、こいつと、この息子(河野太郎 国籍法改正案の首謀者)にはサッサと国政の場から退場していただいた方がいいと思います。

で、もう一冊の現在読んでいる楊 素秋さん著『日本人はとても素敵だった』から、お口直しにこんな一節をご紹介します。(本当はこちらを書きたかった)

楊 素秋さん著『日本人はとても素敵だった』    P.74~75から抜粋
 台湾では「日本」というのは今でも褒め言葉に使われているのです。「これは日本製品だよ」と言ったら、皆安心し信用するといった具合に。
 また、「日本精神」といったら、義理堅いということ、それと約束を絶対に守ること、嘘を言わないことで、私にとっては正に父のようなことです。そう、私の父は日本精神の塊でした。
 「日本精神とは、例えば何ですか?」と聞かれたら、私は「私の父です」と言うでしょう。もし、父が生きていてこれを聞いたら、我が意を得たりとにんまりと笑うでしょうね。



どうです?台湾人の方からこんなことを言ってもらえる日本、まんざらでもないなと思えてしまいます。もっともそこで奢り高ぶってしまったならば、どこぞの民族と同じです。この言葉を聞いて、襟を正し、先人が作ってくれた「日本」に対する印象を貶めないよう心がけねばならないでしょう。現代に生きる我々日本人がそのように努力することが、親日的な台湾の方々に報いるたった一つの方法だと思います。

テーマ:歴史 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。