日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外国人参政権問題
前日のエントリーでYouTubeの動画の話を書きましたが、そこでちょっとした論戦となっています。
ご存じの方も多いと思いますが、YouTubeのコメント欄は500文字まで(英数字でです、日本語だと166文字ぐらいまでなんだそう)で、ちょっと長めの文章を書こうとするとすぐ投稿できなくなってしまって、非常に歯がゆい思いをしました。

ここまでのところを時系列順に抜き出したものが以下のものです。(返信・スパム報告など、議論に関係ない部分は削除してあります)

pejorativeglut さんが、外国人参政権を擁護する(?)考えらしい人、pradojapan が私です。


pejorativeglut (1日前)
在日の方々は何かしたのですか?
自民党の宮沢内閣の時に法律が成立して、 在日の方々には永住権が与えられました。 法律が根拠となっているのです。 何故、あなた方は在日の方々を忌み嫌うのですか??

pradojapan (1日前)
選挙権というのは、その国民だけがもつ権利。 在日は韓国籍か北朝鮮籍なのだから、自国に戻って投票すればいい でしょ? なのに、僭越にも日本国の選挙権を寄越せと言ってるから嫌われて るんだよ。 特別永住者資格貰ってることを当たり前と考えてる奴らは嫌われて 当然。謙虚さが全然ないから。?

pejorativeglut (1日前)
最高裁が、地方参政権付与は違憲では無いと言っています。 法的に永住権を得ているわけです。国民の代表である国会が決めた ことです。

? pradojapan (1日前)
嘘つくなよw
最高裁判所の判例では、「参政権は国民主権に由来し認められるも のであるから、その享有主体は憲法上日本国籍を有する国民に限ら れる」と判断している。結局、原告在日韓国人の訴えは認められな かった。
貴方が言っているのは、傍論(裁判官の意見のうち、判決理由には 入らない部分)をつまみ食いしてるだけ。?

pejorativeglut (1日前)
それは、国政選挙の参政権ですよ。
地方参政権の付与は違憲ではないというのが 最高裁の傍論で述べられています。 最高裁の傍論は判例として扱われるようです。?

pradojapan (23 時間前)
ほほ~  最高裁の傍論は判例として扱われる? はじめて聞いたな、具体例挙げてくださいますか?

ちなみにこの傍論を書いたとされる園部逸夫元判事は後日、「この 傍論を重視するのは、法の世界から離れた俗論である」? (『自治体法務研究』第9号)と述べています。
傍論を書いた本人がこう言う以上、これを判例にする裁判官なんて いると思えませんねw

pejorativeglut (19 時間前)
永山基準が良い例ですよね?
最高裁の傍論で述べられたものが、その後、 死刑宣告をする際の基準となっているようですが。?

pradojapan (6 時間前)
ご提示ありがとう。
では、この傍論自体が現状では法的実効力がない上に判決主文と矛 盾しているのはどう考えるのかな?
傍論は、「地方も国政も性質上日本の国民のみがその対象」と明言 し憲法に適った主文とは、まったく逆のことを言っているわけです 。
すなわち、外国人参政権を立法すること=国民以外にも選挙権を 付与することは憲法違反となりますよね??

p ejorativeglut (6 時間前) ちょっと違うと思いますね。 国政選挙に関しては、はっきりとは言っていませんが、違憲となる のでしょう。 しかし、地方参政権に関しては、違憲とは言えないという見解だと 思います。憲法だけでは 無く地方自治法を含めて、地方自治という性格を考えての見解だと 思います。?




以上のやり取りからわかるように、pejorativeglut さんは私が述べている裁判の傍論を金科玉条のものと考えているようです。まぁ、外国人参政権を推進している人たちの唯一の拠り所なので、わからなくもないですが、判決の主文を蔑ろにする傍論をあがめたてまつるのもどうかと思いますし、また、その傍論については、上記コメントで私が述べておりますが、それを出した判事自身が後に否定的な意見を述べております。

以下、Wikiの外国人参政権 より抜粋

園部逸夫元判事が書いたとされる傍論の理由に対する姿勢の違いによる主張(結論)の違い

かの傍論を書いたとされる園部逸夫元判事は後日、

1、「この傍論を重視するのは、法の世界から離れた俗論である」 (『自治体法務研究』第9号)と述べている。

2、「在日の人たちの中には、戦争中に強制連行され、帰りたくても祖国に帰れない人が大勢いる。帰化すればいいという人もいるが、無理やり日本に連れてこられた人たちには厳しい言葉である。私は判決の結論には賛成であったが、自らの体験から身につまされるものがあり、一言書かざるをえなかった・・・・・」(朝日新聞平成11年6月24日付)と告白している。

この傍論の法的拘束力について上記1、の純粋の法理の面だけでなく、道義的問題として上記2、であらわされたような「戦争中に強制連行され、帰りたくても祖国に帰れない人が大勢いる・・・」については、後日、各調査機関や各大手マスコミの調査結果から、かの園部逸夫元裁判官の「強制連行」や「大勢いる」の認識が事実とは異なっていることが異句同音に明らかにされている。 よって、「強制連行された在日南北朝鮮人が多数」という虚構の歴史観は瓦解していることも明らかになっているが、それ以後、この朝日新聞上での園部逸夫元裁判官の告白に対する姿勢の違いによって、その傍論の意義に対する姿勢も、地方参政権問題での結論も異なるものになってきている面が強い。

また、1959年の日本政府による調査結果では、徴用労務者で日本に残留しているものは245人であり、約61万人の在日朝鮮人は犯罪者を除き自由意志で残留していることを明らかにしている




このような傍論を拠り所に、外国人参政権を声高に唱えるのはどうなんでしょうね。




>>続きを読む
スポンサーサイト
在特会 外国人参政権反対デモに思うこと
去る6/13(土) 京都市役所前にて、在日特権を許さない市民の会主催による『6・13外国人参政権断固反対!京都デモ』が行われました。

参加者を募るために、事前にデモの決行についてはインターネットを通じて告知されておりましたが、今回のデモについては今までと様相が違い、明らかに左翼がこちらを意識してきました。しかも、左翼側からは在特会のデモを妨害するという予告が出されており、一触即発の状態でした。

実際に当日のデモでは左翼側のデモが事前に行われ、在特会のデモ中にも乱入しようとしたり、沿道にてプラカードや日章旗を貶めた旗を見せつけるなど、とんでもない行動をしています。正直、これらを実際にインターネットの動画サイトでみたときは、「こいつら、馬鹿?」としか思えませんでした。

動画中で在特会会長の桜井氏も述べておりますが、「文句があるなら言論できなさいよ」と言いたいですね。 在特会会長の桜井氏はもとより、チャンネル桜の水島氏など、討論はいつでも受けて立つと言っているのに誰も出てこない。しょせん左翼の理論なんてそんなものなんでしょうね。

当日の動画は、YouTubeやニコニコ動画などで確認することができますが、そこでも左翼がわいて気持ち悪く粘着しています。あまりに都合のよい意見や、見え透いた嘘をつくのが笑えるんですけどね。

  ※ 下の動画でもコメント欄に左翼がわいてます。ちょっとたしなめてみましたw
  6.13 京都外国人参政権反対デモ 集会編3


 以下、在特会HPから引用にてご紹介

<動画案内>

 犯罪左翼ニコニコ生放送で曝される【在特会6.13京都デモ】
 <ニコニコ動画版>
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm7368308 <youtube版>
 http://www.youtube.com/watch?v=pBa620ypn_A
 <PeeVee.TV版>
 http://peevee.tv/v/5lbueb

 【速報/リアル左翼鑑賞動画】6.13外国人参政権断固反対!京都デモ
 <ニコニコ動画版>
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm7337513
 <YouTube版>
 http://www.youtube.com/watch?v=AAhoQo9BsKI&feature

  ※犯罪左翼がデモ隊に爆発物を投げ入れる(6:54辺りから)

 有志撮影動画より
 6.14 京都外国人参政権反対デモ 集会編2
 http://www.youtube.com/watch?v=J29RBLIwKfQ

 ※暴力左翼が会長桜井を襲撃(5:25辺りから)

 有志の方が6・13京都デモの関連動画53本をリストにまとめてくれました。
 6月13日に京都で何が起きたのかを皆さまの目でぜひお確かめください。
 6・13京都デモ関連動画53本リスト
 http://www.youtube.com/view_play_list?p=E66E0DCB400E3083





テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

【NHK集団訴訟】 偏向・捏造マスコミに正義の鉄槌を!!
既に先々月となってしまいました、例のNHKにて放送された「NHKスペシャル シリーズ『JAPANデビュー』 第1回『アジアの“一等国”』」などに対して、いよいよ訴訟を起こす動きが出てきました。
一万人を目標に原告を募集するそうです。負担する費用などは委任状の郵送代だけだそうですので、偏向・捏造マスコミに正義の鉄槌を下したい方は、ぜひ御協力のほどお願いいたします。
詳細は下記の通りです。

◎【一万人を目標に】NHK集団訴訟の原告募集!
協力してください。お願いします。
22日まで一万人の原告を募集!!
転送転載を!
日本人も台湾人も原告になれる。費用はかからない。みなでNHKを訴えよう!
チャンネル桜二千人委員会へ訴訟委任状を郵送してください!
                         台湾の声編集部
*********************************************

【原告募集!】 NHK集団訴訟 「訴訟委任状」提出のお願い
「NHKスペシャル シリーズ『JAPANデビュー』 第1回『アジアの“一等国”』」をはじめ、番組製作・放送において著しい偏向報道や歪曲、捏造、印象操作等を行いながら、国民からの抗議や批判にも不誠実な対応を改めようとしない NHK に対し、公共放送としてあるまじき道義的責任を問うべく、集団訴訟 を提起いたします。
つきましては、本訴訟に 原告 としてご賛同いただける方は、下記の要領にて 「訴訟委任状」 をお送りください!
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】 「訴訟委任状」用紙をダウンロードし、必要事項 (日付、郵便番号、住所、氏名) を明記の上、必ず 捺印 をして、「訴訟委任状」を作成してください( 「訴訟委任状」サンプル をご参照ください )。
「訴訟委任状」用紙 Word版 
  http://www.ch-sakura.jp/sakura/NHK_lawsuitproxy.doc
「訴訟委任状」用紙 PDF版
  http://www.ch-sakura.jp/sakura/NHK_lawsuitproxy.pdf日付、郵便番号、住所、氏名をご記入の上、捺印願います。氏名だけは必ず直筆 にてお願いいたします。
※ 「訴訟委任状」サンプル をご参考に、ご記入・捺印 をお願いいたします。
  http://www.ch-sakura.jp/sakura/NHK_lawsuitproxy_sample.pdf

【2】 完成した「訴訟委任状」を、下記まで ご郵送 願います。
   〒150-0002
     東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル1階
       日本文化チャンネル桜 二千人委員会 事務局
       「NHK集団訴訟 委任状」係

【締切り】
平成21年6月22日(月) 必着

【注意事項】 ※ 6/9 追記
委任状は、お一人一枚でお願いいたします。連名は無効です。
氏名は、必ず直筆 にてお願いいたします。
必ず 捺印 をしてくださいますよう、お願いいたします。捺印のないもの、シャチハタ印は無効になります。
FAX や メール添付にて送られた「委任状」は無効です。必ず、オリジナル(本紙)をご郵送願います

【資格・その他】 ※ 6/9 追記
・ NHKに視聴料を支払っている方でも支払っていない方でも結構です。
・ 国籍は問いません。
・ 未成年者はご遠慮下さい。
今回の訴訟は民事訴訟です。受信料を支払っている方については、契約違反で損害賠償請求、支払っていない方については、慰謝料の請求をする予定です
・ 委任状をご送付後は、裁判所からの連絡や通達等はありません。全て代理人の弁護士がご対応いたします。
・ 現在、高池勝彦弁護士を中心に弁護団を準備しておりますので、詳細は後日発表いたします。
今回の金銭的なご負担は委任状の郵送料のみです。 別途、訴訟団としてご支援を呼びかけることはあります。

【お問い合わせ】
TEL 03-6419-3900   MAIL info@ch-sakura.jp
―――――――――――――――――――――――――――――――――
詳しくは「【原告募集!】NHK集団訴訟 「訴訟委任状」提出のお願い」参照。
  http://www.ch-sakura.jp/topix/1054.html 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

パイレーツ オブ コリアン いまだ健在
半島絡みの情報には定評のある厳選韓国情報 様にこのようなエントリーがありました。

★<*`∀´> 日本が底引き網漁を休漁している間に、違法操業しまくってやるニダ!マンセー!

半島をよく知る方々には周知のことですが、半島の良い面しか知ろうとしない人(サヨクマスコミ人とか韓流おばさんなど)とか、半島にまるで無関心の人はこのようなことが現在進行形で行われているのを、全くと言ってよいほど知りません。

これはひとえに政治家の怠慢と、マスコミが報道を怠っているのが原因と言えるでしょう。

漁業協定を結んでいるのに、日本だけが協定を順守し、韓国はそれを守らずに資源を貪り、あまつさえ海洋汚染でさらに枯渇させようとする。どちらが悪いかは一目瞭然です。

石原都知事ではありませんが、「Noと言える日本」になってもらいたいものです。直接、選挙の票には結びつかなくても、日本国民だって馬鹿ではないはず。愛国心をもって行動を起こしてくれた政治家が居るならば、その人を応援するのではないでしょうか。特に今回の件では日本海側の政治家の皆さんに頑張ってもらいたいものです。私利私欲・党利党略を捨て、国家百年の大計の為に大事を成し遂げよう、という政治家、出て来てほしいですねぇ。

それと麻生首相には、アキヒロ大酋長が来日した折に、厳然とこの事実を叩きつけ「今度EEZに入ってきたらスワップ無しね♪はぁと」ぐらい、言ってもらいたい。

また、マスコミについても同様のことを言いたいですね。このブログでも何度か書いていることですが、最近のマスコミの偏向・捏造報道は酷いものです。先日のNHKの台湾についての番組もそうですし、逆に今回のこのような韓国側の酷い行為についてはなにも報道しなかったり。一体どこの国の報道機関なのか。

ネットが普及しマスコミの嘘が暴かれているというのに、未だ反省の色すら見えない。マスコミ内部の自浄作用が期待できないのであれば、総務省からの放送免許剥奪とかも考えて良い時期ではないのでしょうか。放送法を順守せず、日本を貶め他国を利する放送局などいらないと思います。(大体最近のTV番組つまらなさすぎ)

その為には、ネットで案じているだけでなく、何らかの行動を起こさなくてはいけないのでしょうなぁ。


ちなみに、私は『在日特権を許さない市民の会』の会員です。
今日の京都のデモはさすがに遠くて行けなかった。残念・・

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

憲法前文は、「一国平和主義」への戒め
配信されてくるメルマガからご紹介

憲法前文、なんて社会科の学習以来ですが、なるほど、こんな解釈も確かにできますね。左翼の唱える自衛隊派兵反対など、戦前のアメリカのようなモンロー主義もどきから脱却しないと、いつまでたっても日本は国際社会から金を毟り取られるだけでの存在で居続けることでしょう。
目から鱗でしたのでご紹介します。



■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル■

日本国憲法前文は一国平和主義を戒めている

伊勢雅臣
■転送歓迎■ No.1566 ■ H21.06.08 ■ 9,164 部 ■■■■■■■


 政府は、アフリカ・ソマリア沖に派遣されている自衛艦が日
本船だけでなく、外国船も護れるようにする海賊対処法案を国
会に提出した。

 大阪大学大学院教授・坂元一哉氏は、6月1日の産経新聞
「正論」で、この法案が「日本国憲法は集団安全保障を禁じて
いる」という政府解釈に画期的変化をもたらす可能性がある、
と指摘している。[1]

 従来は、「集団安全保障は憲法上禁じられている」という解
釈から、「PKOに一緒に参加している他国部隊が攻撃を受け
ても自衛隊は救援に行けない」「同盟国の艦船を敵の攻撃から
護ることができない」とされてきた。前者は自衛隊のPKO活
動を大きく制限し、また後者は日米同盟を崩壊させる危険があ
る。自衛艦がソマリアの海賊船から外国船を護れるなら、なぜ
他国のPKO部隊や同盟国の艦船を護れないのか、という法的
矛盾が生ずる。

 集団安全保障が禁じられているという政府解釈の根拠は、
「憲法の中に我が国として実力を行使することが許されるとす
る根拠を見いだし難」い(政府答弁書、平成16年6月18日)
というものだった。

 これに対して、坂元教授は、次のような根拠が見つかるとい
う。

 まず政府があげる平和的生存権は日本国民だけの権利で
はない。憲法の前文にはそれは「全世界の国民が、ひとし
く」持つものだと明記してある。またその前文は、いずれ
の国も「自国のことのみに専念して他国を無視してはなら
ない」と警告している。さらには、平和の維持などで努力
している国際社会において「名誉ある地位を占めたいと思
ふ」との決意も述べているのである。[1]

 改めて憲法前文を読んでみて、この精神に従えば、たとえば
世界に核拡散の脅威を与えている北朝鮮問題についても、重要
な示唆を投げかけている、と感じた。

1. われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地
上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、
名誉ある地位を占めたいと思ふ。

「専制と隷従、圧迫と偏狭」とは、まさに今の北朝鮮
の独裁体制そのものである。それらを「地上から永遠
に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉あ
る地位を占めたいと思ふ」とは、北朝鮮問題解決に向
けて、国際社会において主導的な役割を果たすべき、
という事につながる。

2.われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免か
れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 北朝鮮人民も「恐怖と欠乏から免かれ、平和のうち
に生存する権利」を持っていることを日本国民も認め
る。

3.われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他
国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、
普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権
を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であ
ると信ずる。

 日本国民は自国の繁栄のみに専念して、上述の「平
和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠
に除去」する、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠
乏から免かれ、平和のうちに生存する」という「政治
道徳の法則」を無視してはならない。それに従うこと
は、日本の責務である。

 こう考えるなら、憲法前文は、「平和を愛する諸国民の公正
と信義に信頼」の上に立つ集団安全保障体制を支持している、
と読めるのである。

 逆に言えば、日本だけが平和なら良い、という「一国平和主
義」を、憲法前文は戒めている、ということになる。

■ 参考 ■
1. 産経新聞、H17.06.01、「【正論】大阪大学大学院教授・坂元一
哉 武力行使の解釈に画期的変化」

テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

「命はどう使うかがたいせつ」
備忘録代わり

**********

240 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2009/04/11(土) 21:07:51 (p)ID:HY2znITs(2)
今日、思いだしたので投下。
12~13年前に我が家に来たアメ留学生が「侍」マニアで日本大好きな大学生だった。
結構、日本語も達者で家にいる時は冬なのに自前の浴衣を着る人だった。
夕食の時、太平洋戦争の話になって浴衣外人が特攻隊について
「特攻隊の人は死にたかったんじゃなくて親、兄弟を守るため
死ぬのは嫌だったけど死を選んだんですよね」って質問してきた。
家族全員、どう答えていいかわからず黙っていたら、祖父が、
「嫌だの死を選択したのだのとかじゃないんだよ。命をどう使うか
考えた末の事なんだよ」と浴衣外人に話した。
あまり、口数が多くない祖父だったし、記憶が定かではないけど、
ほとんど家にホームステイに来たアメ留学生とも会話してなかったが
祖父の言動にちょっと戸惑ったけど、何かを感じたのかごはん食べながら泣いていて、
次の日から帰るまで、祖父べったりになった。
俺はちょっと嫉妬したけど、帰る間際に親日を誇っていた彼が
「日本の心に少し近づいたような気がします」と言い残して帰って行った。
その浴衣外人から祖父の命日に毎年はがきが来て、
祖父が言った言葉をつたない日本語で書いてくる。
「命はどう使うかがたいせつ」この文章が一昨日届いた。
胸が熱くなったので投下した。反省はしない。

**********




テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。