日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お花畑な人?
つい昨日のことなのですが、会社に下のような怪文書が投げ込まれていました。

怪文書


生まれて初めて、怪文書の実物を見ましたw。

メアドや名前の記載がありますが、どうせ偽名でしょうし、いたる所に投げ込んでいるはずですから、個人情報保護もへったくれもないでしょう。スキャニングしたものをそのまま掲載しておきます。

突っ込み所満載の文書ですよね~w。

あぁ、皆さん今日は衆議院選挙の日です。 忘れずに投票行きましょうね。私も先ほど行ってきました。
>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

日台離間工作? 高金素梅が靖国神社で暴挙
更新が長らくとまってしまいましたが、8/15を前にこんな事件があったようです。

高金素梅が靖国神社で暴挙
  YouTube  http://www.youtube.com/watch?v=qmhV4x-6Y7U

  ニコニコ   http://www.nicovideo.jp/watch/sm7905887




この騒ぎの首謀者になっているのは、台湾山岳原住民出身と自称する『高金素梅』なる女性です。彼女達が主張しているのは、大東亜戦争時に日本のために戦い亡くなられた高砂義勇兵を靖国神社に祀るのをやめろということでした。

台湾問題に興味をお持ちの方であれば『高砂義勇兵』のことを御存知の方も多いと思いますが、林建良氏の論文より紹介のため一部抜粋させていただきます。
(全文読みたい方はリンク先でどうぞ)

【論文】靖国を訴えた台湾の女性国会議員の背後関係

平成15年9月号「正論」より
        
     「台湾の声」編集長 在日台湾同郷会顧問 林建良(りんけんりょう)


 原住民によって編成された大戦中の「高砂義勇隊」について少し触れておきたい。大東亜戦争勃発の翌一九四二年一月、まだ台湾では徴兵制度はおろか志願兵制度すらなかったが、フィリピンでの密林戦で苦戦していた日本軍は、山岳民族である台湾の原住民に着目し、台湾総督府を通じて従軍志願者を募った。すると五千人もの原住民(当時の原住民人口は約十五万人)が志願に殺到したのである。そこから五百人が選抜され、高砂義勇隊(この第一回に限り「高砂挺身報国隊」と命名された)が編成された。

 このとき選抜されなかった者の多くは怒り、悔しがり、涙を流し、血判書を提出するなど、大騒ぎをしたことが語り草になっている。この時代、「兵隊になってこその一人前の国民」「戦に行けないようでは男でない」と言うのが原住民の一般的意識であったことは、当時を知る人に聞けばすぐわかる。高砂義勇隊は軍属ではあったものの、その戦闘ぶりは特筆に値する。

 「人間業とは思えない敏捷さ、獣のような視聴覚と方向感覚、……軍紀の厳正さは正規軍を凌ぐとまでいわれ、しかも純真無垢な心と自己犠牲の精神は、戦友の胸を強く打った。……かくして、瞬く間に信頼と友情、そして尊敬の念をかちえてしまった」(名越二荒之助・草開省三編『台湾と日本交流秘話』)

 よく取り上げられるのが、米五〇キロを背負ったまま餓死した義勇隊員の感動的なエピソードだ。彼は前線で飢餓に苦しむ日本人の戦友のため、山を越えて米を取りに行った。そして前線に戻る途上で力尽きたのである。
自らは一粒も手をつけることなく……。義勇隊の記録は少なく、その実態はあまりわかっていないが、フィリピン、ニューギニア、モロタイなどの激戦地で過酷な戦いを強いられたことはたしかである。林えいだい氏が戦後に調査して纏めた『台湾の大和魂』(東方出版)によると、義勇隊の派遣は七回あり、総員四千人に上ったらしい。



ついでに、2ちゃんねる有志が作ったフラッシュも是非ご覧になってください。

         高砂義勇伝
     [ 異国で眠る皇国の戦士 ]


こんなにまで日本を思い、日本の正義を信じ戦ってくれたのが「高砂義勇兵」の方々だったわけです。
なんら「内地」の日本人と変わりません。いや、それ以上と言えるでしょう。 軍属とはいえ正規軍とともに最前線に赴くわけで、実際に帰還できた方は少なかったようです。

ですが、彼らは強制的に義勇兵に仕立てられたわけではありません。日本国民として四十数年間暮らし、過酷な前途になるとわかっていながら、敢えて志願して国難に立ち向かってくださったのです。
そして、多くの方が南方の戦野に草生す屍となりましたが、恐らく彼らは普通の日本人と同じように「靖国で会おう」と誓い、護国の鬼となってくれたのでしょう。

後世に生きるサヨクが「彼らは軍国主義者の被害者で・・」などと( 馬鹿な)主張するの勝手ですが、『国のために命を捧げた人は靖国に祀る』のは国として最低限守らなければならない約束のはずです。また国民国家としての日本はそうする義務があると考えます。
今更、特定アジアやサヨクの世迷言を真に受けて、英霊達との約束を反故になんかできるわけがないんです。死者との約束 を違える事は絶対に有り得ない。

なんかほとほと呆れてしまいます・・・

最後になってしまいましたが、台湾は全体的に見れば親日ですが、戦後中国から流入してきた外省人は反日傾向が強いです。今回の首謀者である高金素梅は、台湾先住民族枠で国会議員になってはおりますが、父が中国から来た外省人(軍人)、母が先住民族のタイアル族(高砂族)のハーフで、中共から色々と支援を受けているようです。(引用した林健良氏の論文に、この辺の関係が書かれています)

この一件を表面的に見ずに、外国からの日台離間工作を疑い、無闇に「嫌台湾」行動を起こすような愚は避けねばなりますまい。
もちろん「高金素梅」一味に鉄槌を食らわすのはOKでしょうけど(笑)。
     
  既に在特会が動いたみたいですね

       ↓  ↓  ↓

  2009年8月12日(水) 緊急抗議(台湾代表処)!
  高金素梅の靖國神社へのテロ攻撃を許すな!
  台湾人の日本侵略に断固たる反撃を!!



テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。