日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝鮮の売春に関する歴史
もう一つ、備忘録。


  朝鮮の売春に関する歴史

朝鮮における産業としての売春を語る時、「軍妓」に代表される国策としての
売春制度を抜きにして語れません。国策としての売春婦をあげると

 「軍妓」=軍に付属する売春婦
 「辺妓」=国境などの偏狭に駐在する軍隊の為の売春婦
 「女妓」=支那使臣専用の売春婦
 「官妓」=官吏専属の売春婦

「軍妓」「辺妓」は完全な国策による従軍慰安婦です。
ようするに朝鮮では従軍慰安婦は公的な存在として歴史に長く存在するのです。
では彼女達の身分はどのような扱いだったのでしょう。

李朝時代の身分には、
  両班  中人  奴婢
そして奴婢の分類の中には
  妓籍(kijyo)
いわゆる妓生(kiisen)の身分がありました。

妓生(kiisen)は奴婢随母法にて規定された身分「妓籍」に属する女性達を指しました。
妓生(kiisen)は妓生庁という役所にて所有・管理されていました。
妓生(kiisen)は三階級に分けられており、一牌、ニ牌、三牌という分類になり。
一牌は官位を与えられる者もいたようですが、三牌にいたっては単なる売春婦でした。

日本の芸者と妓生(kiisen)を同一視する韓国人も多いようですが、芸者は職業の
一種であり、妓生(kiisen)は世襲される身分である事に大きな違いがあります。

    母が姓奴隷なら 子供も姓奴隷であると戸籍制度で定義していたのです

妓籍の子供は庶属(sojyoku)と呼ばれ、男子は中人に移籍する事もありましたが、
女子は妓籍から抜ける事はできませんでした。庶属(sojyoku)の売買は自由でした。
要するに朝鮮は社会制度として世襲制の性奴隷の制度を実施していたのです。

1886年に奴婢身分世襲が禁止されましたが、社会制度及び経済制度としての
妓籍制度の根は深く、実質的には日本統治時代も残っていました。

終戦後韓国では国策として外国人への売春が奨励され、日本の男性には懐かしい
妓生観光が活発化します。また駐留軍向けの「ウォーカーヒル」つまり
「米軍将兵慰安総合遊興村」も運営されました。
一説には朝鮮戦争時には30万人に上る娼婦が存在したと言われています。
またベトナム戦争時には特殊慰安隊という名称で韓国軍直轄の従軍慰安婦が
組織されたのが確認されており、公的記録として存在しています。

近年韓国で売春婦による売春容認と地位向上のデモが行われました。
しかし産業としての売春はなにも韓国だけの現象ではありません。
世界中どこでも存在するものです。

しかし姓奴隷を戸籍制度として確立させた朝鮮の法律は、世界中に多くは存在しないでしょう。



スポンサーサイト
いわゆる従軍慰安婦 捏造年表
いわゆる従軍慰安婦の捏造について、捏造の過程をまとめたものが転がってたので備忘録代わりに。   よく出来てますね。

イアンフ捏造年表  改訂版2.5(2008/9/19)

 ・1970年8月14日、ソウル新聞が「挺身隊に動員された韓・日の女性はおよそ20万。そのうち韓国の女性は、5~7万名」と報道
   ↓                              ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ・1973年、大連生まれの元毎日新聞記者 「千田夏光」 が「ジューグンイアンフ」という言葉を創造、「従軍慰安婦」を出版
  「『挺身隊』として動員された朝鮮人女性20万人のうち、5~7万人が『イアンフ』にさせられた」と捏造
   ↓               ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ・1983年、「吉田清治」 が自著「私の戦争犯罪」にて「済州島でイアンフ狩りをした」と記載
   ↓
 ・1989年、「私の戦争犯罪」ハングル版出版、と同時に 「青柳敦子」 が韓国で訴訟費用は負担しますとビラ配り
  驚いた済州島で地元紙「済州新聞」が綿密な取材を敢行、8月14日に『「私の戦争犯罪」は捏造』と報道
   ↓
 ・梨花女子大学英文科教授 「尹貞玉」 が「挺身隊問題」を日本のサヨクと結託研究、
  1990年、ハンギョレ新聞に挺身隊とイアンフを混同させたルポを春から連載
  8月、「ウリは『挺身隊』だったニダ」と 「金学順」 登場
  (ここで韓国による挺身隊とイアンフの混同が確定、「朝鮮人イアンフ20万人キョ-セーレンコー」の元ネタとなる)
   ↓  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ・1991年8月11日、突如 「アサヒシンブン」 が、「元イアンフに聞き取り調査開始」と報道(いわゆる「イアンフ捏造キャンペーン」開始)
  記者は「韓国太平洋戦争犠牲者遺族会」理事の娘と結婚していた 「植村隆」
   「NHK」 が終戦記念日企画としてイアンフ捏造番組を放送 (2006年11月4日、池田信夫氏が捏造番組だったとブログで告白)
   「青柳敦子」 と 「福島瑞穂」 が連れてきた「元イアンフ」は 「金学順」 (東京地裁に提訴、訴状には「親に売られた」と記述)
   ↓                                                        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ・1992年1月11日、 「アサヒシンブン」 が「慰安所 軍関与示す資料」と、 「吉見義明」 の記事を報道。
  (内容はというと、軍と警察が違法業者を取り締まるという内容だった)
  1月16日 「宮沢喜一」 訪韓、何の検証もなしにいきなり謝罪
  1月23日、またしても 「アサヒシンブン」 が、夕刊コラムで 「吉田清治」 の「私の戦争犯罪」を紹介
  6~7月、正論8月号&諸君7,8月号にて、秦郁彦氏が 「吉田清治」 の捏造を看破、騒動が急速に沈静化
  (が、アサヒシンブン「イアンフ捏造キャンペーン」に韓国内で反日爆発、アサヒを『良心勢力』と呼ぶようになる)
   ↓
 ・1993年、「第一次サハリン裁判」で 「吉田清治」 偽証、担当弁護士は翌年インドネシアで「元イアンフ2万人募集」をやる 「高木健一」 。
   「加藤紘一」 が「慰安所には軍が関与」とし、8月4日 「河野洋平」 が談話発表。
  同日、 「NHK」 教育が捏造番組『50年目の"従軍慰安婦"』を放映。「ナヌムの家」を紹介。
   ↓
 ・1996年2月6日、国連「クマラスワミ報告書」提出、評価基準は最下の"take note"(留意)
  中学歴史教科書検定、河野談話をもとに、全ての歴史教科書に「イアンフ」が記述される。
   ↓
 ・1997年1月3日、『朝まで生テレビ!』で 「吉見義明」 が「強制連行&挺身隊が慰安婦にさせられた例は未確認」と自白。
  3月、 「アサヒシンブン」 が「強制連行がなかったとしても、強制性があったのは明らか」と論点ずらしで 「吉田清治」 証言否定。
  12月15日「アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求裁判」口頭弁論で、
   「吉見義明」 が『朝生』での発言を撤回していない状態で「女性に対する性暴力」発言、担当は当時弁護士だった 「福島瑞穂」
   ↓
 ・2000年、バウネット&朝鮮総連による「国際戦犯法廷」
   ↓
 ・2001年、 「金学順」 東京地裁で敗訴(判決前に既に死亡)、控訴&上告、2004年最高裁にて棄却

そして現在に繋がる。

終戦直後の天皇と日本人
私が読んでいるメルマガにて紹介された記事ですが、引用させていただきます。
もっと前に紹介したかったのですが、遅くなってしまいました。


引用開始 ここから ⇒

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル■

復興への3万3千キロ

「石のひとつでも投げられりゃあいいんだ」占領軍の
声をよそに、昭和天皇は民衆の中に入っていかれた。
■転送歓迎■ No.1549 ■ H21.04.27 ■ 9,306 部 ■■■■■■■


■1.石のひとつでも投げられりゃあいいんだ■

 ヒロヒトのおかげで父親や夫が殺されたんだからね、旅
先で石のひとつでも投げられりゃあいいんだ。

 ヒロヒトが40歳を過ぎた猫背の小男ということを日本
人に知らしめてやる必要がある。神さまじゃなくて人間だ、
ということをね。

 それが生きた民主主義の教育というものだよ。

 昭和21年2月、昭和天皇が全国御巡幸を始められた時、占
領軍総司令部の高官たちの間では、こんな会話が交わされた。
[1]

 しかし、その結果は高官達の"期待"を裏切るものだった。昭
和天皇は沖縄以外の全国を約8年半かけて回られた。行程は3
万3千キロ、総日数165日。各地で数万の群衆にもみくちゃ
にされたが、石一つ投げられたことはなかった。
>>続きを読む

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。