日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
反日教育の実態
唐突ですが実は私、小学校教員を目指して大学は教育学部に行き教員免許状を取得しております。一時期、期間付ではありますが小学校・中学校とも勤務した経験もあります。

その時の話ですが、私の居住地域の小中学校教員はほぼ全員日教組に加入しています。ある学校に勤務していたときには、その年に新卒で配置された先生が「君だけがまだ入っていないんだ」と日教組支部長(?)が直参して加入させてました。
(私自身は期間付講師という扱いだったため加入せず)

そのような地区ではさぞや反日教育が盛んだろうと思われるかもしれませんが、さにあらず。各種行事の際にはきちんと国歌掲揚・国歌斉唱は当たり前。声高に反対する先生なんて一人もいませんでした。

校長を無視して職員会議の議事進行を行うなんてこともなく、ごくごく平穏な教員生活を送っておりました。

日教組に入っているからと言って全員が全員反日的な活動をしているわけでもなく、ほとんどの先生は一般的な常識を持った人たちで、周りが入っているから仕方なく・・・ といった感じで加入している方が大半だったような気がします。

なので、私の中では日教組に対してあんまり「反日」のイメージというのは強くないんですが、地域によってはかなり差があるんですねぇ。

定期配信されてきたメルマガからご紹介します。

■■ Japan On the Globe(626) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■

Common Sense: 学校の先生が国を救う(上)
~ 校長の孤独な戦い

 日教組教員による国旗・国歌への執拗な反対
運動に校長は追い詰められていった。
■転送歓迎■ H21.12.06 ■ 38,483 Copies ■ 3,222,976 Views■
無料購読申込・取消: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/

■1.「君が代なんて、そんな、やらなくていいわよ」■

 平成10(1998)年3月下旬、一止羊広(ひととめ・よしひろ、
ペンネーム)氏は、大阪府内の養護学校B校の校長任命の内示
を受け、現在の女性校長・宇都宮京子氏から引き継ぎを受けた。
宇都宮校長は教育委員会の参事という要職を経て、校長に就任
した「やり手」との評判高い人物である。

 5時間ほどの引き継ぎの中で、入学式や卒業式における国旗
・国歌のことが話題となった。多くの学校で、日教組中心に国
旗掲揚・国歌斉唱に対する反対運動が盛り上がっていたからで
ある。

「国旗は、これまで玄関に三脚で掲揚してきました」との説明
に、「式場には掲揚しないのですか」と聞くと、「玄関にだけ
です。本校ではそうすることになっています」と女性校長はさ
らりと答えた。

「国歌斉唱はどうなっていますか?」と聞くと、意味ありげな
微笑を浮かべて、「君が代なんて、そんな、やらなくていいわ
よ」と答えた。教育委員会の要職を務めた人の言葉とも思えず、
一止氏は耳を疑ったが、初対面でもあり、それ以上、突っ込ん
だ話はしなかった。

 前任者のこのセリフは、これから3年間続く戦いの日々の前
触れだった。

■2.まやかしの「実施率」■

 3月30日、教育委員会からB校校長の辞令を受け取った後、
新任校長だけ別室に集められて、国旗・国歌の指導に関する分
厚い資料を手渡され、入学式や卒業式において国旗国歌の指導
を正しく行うようにとの訓令を受けた。

 その熱の籠もった訓令と、宇都宮前校長のあの言葉とのギャッ
プをどう理解したら良いのか、一止校長には分からなかった。

 後で分かったことだが、宇都宮前校長は校長会などでは国旗
・国歌の指導を正しくやっているとよく吹聴していたという。
一止校長が引き継ぎの際の前校長の言葉を紹介すると、ある校
長は「えっ」と驚きの声を上げ、「あんなに偉そうに言ってい
たのに」と深い溜息をついた。

 実際には、国旗掲揚も国歌斉唱もしていないのに、教育委員
会には「した」と報告し、委員会はそれをデータにまとめて、
外部には実施率○%などと発表する、というまやかしが広範囲
に行われていたのである。




>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。