日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
反日教育の実態 2
先日ご紹介させていただいた、反日教師たちとの国歌斉唱・国旗掲揚問題に立ち向かったある校長先生のお話の後篇です。

■■ Japan On the Globe(627) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■

Common Sense: 学校の先生が国を救う(下)~ 志の継承

 日教組に対して不屈の戦いを続ける校長
の姿に、その志を継ぐ先生が現れた。
■転送歓迎■ H21.12.13 ■ 38,550 Copies ■ 3,226,401 Views■
無料購読申込・取消: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/

--------------------------------------------------------

■1.「教職員を信じられない」■

 入学式では、ようやく壇上での国旗掲揚はできたが、国歌斉
唱はできなかった。教員が何を言おうと、校長が国歌斉唱を強
行しようとすれば、できないことはない。しかし、それでは子
ども達の教育につながらない。なぜなら、入学式や卒業式に至
るまでに、子供たちに国旗・国歌の意義を指導をするのは教員
の役割であり、彼らがその気になって指導しなければ何にもな
らないからである。

 教員たちを説得しようと、今まで数十頁もの資料を作り、何
十回となく議論の場を持ったが、この結果である。「この人た
ちと議論しても何の進展もない。彼らは何の反論もできないの
に、反対している」 教職員を信じられない、という気持ちが
湧いてきた。

 国旗・国歌に反対する教員たちの論理は、幼稚なものだった。
ある女性教員は「国旗・国歌は戦争に繋がる」と言って、抗議
をしてきた。校長が「戦争をイヤだという気持ちは私も人一倍
持っています。私の兄は海軍の予科練に入り、僅か17歳で戦
死していますから」と言って、いつも肌身離さず持っている軍
服姿の亡兄の写真を出して見せると、彼女は信じられないこと
を言った。「先生のお兄さんも侵略者だった」

 卒業式の反省のためのアンケート調査のまとめでは、「『日
の丸』が視野に入って、目障りだった」との表現があった。自
国の国旗を「目障り」と思うこと自体が問題だが、百歩譲って、
そう思うことは内心の自由としても、学校運営の公の文書にこ
んなことを書いて恥じない姿勢に、校長は「呆れ」を通り越し
て、怒りがこみあげてきた。



>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。