日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝鮮総督府政策一覧
▼朝鮮総督府政策一覧
併合時(1910) 終戦時(1945)

・教育の普及 無いに等しい → 小学校5,213校、生徒数2,389,135人、就学率61%(1944)、京城帝国大学創設(1924)

・耕地面積  246万町歩 →449万町歩

・水田面積  84万町歩 →162万町歩(1928)

・石高(米の生産量) 約1千万石 →2千万石(1930)

・鉄道   3,827km敷設

・人口  1,313万人 → 2,512万人(1944)

・植林  禿山 → 30年間で膨大な量

・反当たり収量 0.49石 → 1.49(3倍)

・平均寿命 24歳→56歳

・朝鮮半島の強盗件数
昭和2年 1771件
昭和7年 1261件
昭和12年 727件
昭和17年 394件

    朝鮮総督府『統計年報』


 日韓併合(1910)~終戦(1945)までの間に、教育など無きに等しかったのに、小学校を5,213校作り、就学率を61%(1944)までにし、お人よしにもハングルまで広めてやり、鉄道を 3,847kmも敷き、禿山だった山を緑溢れる山にし、人口が1,313万人→2,512万人へと2倍近く増え、一人当たりの国内総支出が1910年の58円から1938年には119円と倍増した。

----------------------------------------------------------------
以上、エンコリよりコピペ。  簡単にまとまっているのでメモ代わりにUP。


上記のような事実がある事は判りきっているのに、朝鮮・人や反日左翼人はなぜその功績を認めようとしないのでしょうか。不思議ですね。

確かに朝鮮総督府が100%の善政を布いていたとは私も思いませんが、かといって「史上最悪の植民地政策」だと考えることは出来ないはずです。上記の事実を見る限り、日本はよくやっていると見るのが普通の人の感覚でしょう。

現在のどこの国の政策でも一長一短があり、人間達は多かれ少なかれ所属国の政策に不満を持ちながら生活しています。地球上のどこにも「地上の楽園」など存在しないのです。そういう現実を無視して、「日帝時代」の失政に当たる部分を探し出してきて、重箱の隅をつつくようにあげつらう朝鮮・人や反日左翼人は、グローバルな視点が欠けているとしか言えません。

日帝を批判するのなら、李朝末期や大韓帝国の政策と比較して行うべきでしょう。また「史上最悪の植民地政策」と言い張るなら、欧米諸国の行った植民地政策とも比較せねばならないはずです。ですが、私が見てきた朝鮮・人や反日左翼人のブログやHPでは、「日帝時代」の失政に当たる部分を探し出してきて、重箱の隅をつつくようにあげつらうものしかありませんでした。(私が見落としているだけでどこかにあるのかもしれませんが)

彼ら、朝鮮・人や反日左翼人は色々資料を提示して「だから日帝は!」と畳みかけようとします。人のよい(歴史を余り知らない)日本人は、彼らの資料を見て思考停止してしまい、下手をするとサヨク側に取り込まれる可能性があります。 そうならないためにも、朝鮮総督府がどんなことを行って、その結果がどうなったのか、我々普通の日本人は知っておく必要があります。




スポンサーサイト

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。