日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本人に寄りかかる韓国人、韓国人に甘い日本人
近年の宇宙開発事業については皆さんもご存じのとおり、日本も各国と協同(アメリカ、ロシア、日本、カナダ、ESA(欧州宇宙機関))で国際宇宙ステーション(ISS)計画を推進しております。つい先日には日本人の土井隆雄さん(53)がスペースシャトル エンデバー号で国際宇宙ステーション(ISS)に到着し、3/14には日本実験棟「きぼう」の最初の部品である船内保管室の取り付け作業に挑むそうです。

こんなことを書いておきながらですが、この宇宙開発事業についてはたった今ネットで調べたにわか知識です。ですが、ちょっと調べただけで、この国際宇宙ステーション(ISS)計画に韓国が参加していないことがわかりました。

で、実はこんなことがあったようです。

【日韓/宇宙開発】”きぼう”での日韓共同実験と施設の無償利用をJAXAが検討・・・韓国側要請により [08/3/13]

今回の日本実験棟「きぼう」を宇宙に設置し、そこで行われる予定の実験は当然日本人の税金で賄われているはずです。そこに韓国から共同で使わせてくれとの申し入れがあったらしいですが、であるならば当然そこまでの経費や実際にその実験にかかる時間等を考慮し有償とすべきなのは誰もが思うことでしょう。それを唯々諾々として許そうとし、ましてや無償利用を検討しているJAXA・・・  組織を私物化しているとしか思えません。


さらに、宇宙開発についてはつい数日前にこんな問題も発覚したばかりです。

 韓国人宇宙飛行士に技術文書コピー疑惑浮上

コリアン・ウォッチャーの方にはご存じのとおり、彼らの手癖の悪さは日本人の想像を超えております。小は町工場のスパナから、大は今回のこのような技術情報まで、彼らは何でもかんでも「ウリのもの」にしようとします。 宇宙飛行士候補というエリートでさえこの有様なのですから、もし今回の日本実験棟「きぼう」での共同実験などを行おうものなら・・   「きぼう」は「ぜつぼう」に変わるのではないでしょうか。

「なんとかせねば!」と思った方はこちらから JAXA(宇宙航空研究開発機構)宛てに意見を送ることができますので、是非無償利用の阻止と韓国との共同利用の危険性を訴えてください。「一人が言っても始まらない」ではいつまでたってもスタートできません。ちょっとずつ、自分でできることから始めてみませんか?


スポンサーサイト

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。