日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
侵略という言葉の国際上の意味
またまた備忘録代りに抜粋しておきます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)11月13日(木曜日)弐
         通巻第2384号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△


(読者の声1)貴誌382号(読者の声5)MARU氏の帝国主義の提言から「もし日本が侵略なら米ソ英国支那みな侵略国家です。日本の戦争は自衛戦争でした。「侵略」は左翼の反日宣伝用語に過ぎません。]と書かれました。

戦時国際法の権威、佐藤和男・青山学院大学名誉教授の講演会できき、またご著書でも読ませていただきましたが、侵略という言葉の国際上の意味は以下のとおりです。
1.国際法の用語に侵略という言葉はない。
2.侵略に対応する英語の用語はない。
3.日本語の侵略と意味の近い国際法の用語には、以下の2つがあるが、全く同じ意味ではないので、紛らわしい。
(1)浸出(英語では、invasion): 境界を越えて進入すること。武力行使のあるなしにはかかわらない。
(2)侵攻(英語ではaggression):相手側からの挑発行為なしに、武力行使をともない境界を越えて進入すること。
4.中国語の「略」には、略奪という意味がある。したがって、中国人が侵略と聞くと、侵入しかつ略奪したという意味にとる。

------------------------------抜粋ここまで

なるほどねぇ。勉強になりました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。