日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝鮮の売春に関する歴史
もう一つ、備忘録。


  朝鮮の売春に関する歴史

朝鮮における産業としての売春を語る時、「軍妓」に代表される国策としての
売春制度を抜きにして語れません。国策としての売春婦をあげると

 「軍妓」=軍に付属する売春婦
 「辺妓」=国境などの偏狭に駐在する軍隊の為の売春婦
 「女妓」=支那使臣専用の売春婦
 「官妓」=官吏専属の売春婦

「軍妓」「辺妓」は完全な国策による従軍慰安婦です。
ようするに朝鮮では従軍慰安婦は公的な存在として歴史に長く存在するのです。
では彼女達の身分はどのような扱いだったのでしょう。

李朝時代の身分には、
  両班  中人  奴婢
そして奴婢の分類の中には
  妓籍(kijyo)
いわゆる妓生(kiisen)の身分がありました。

妓生(kiisen)は奴婢随母法にて規定された身分「妓籍」に属する女性達を指しました。
妓生(kiisen)は妓生庁という役所にて所有・管理されていました。
妓生(kiisen)は三階級に分けられており、一牌、ニ牌、三牌という分類になり。
一牌は官位を与えられる者もいたようですが、三牌にいたっては単なる売春婦でした。

日本の芸者と妓生(kiisen)を同一視する韓国人も多いようですが、芸者は職業の
一種であり、妓生(kiisen)は世襲される身分である事に大きな違いがあります。

    母が姓奴隷なら 子供も姓奴隷であると戸籍制度で定義していたのです

妓籍の子供は庶属(sojyoku)と呼ばれ、男子は中人に移籍する事もありましたが、
女子は妓籍から抜ける事はできませんでした。庶属(sojyoku)の売買は自由でした。
要するに朝鮮は社会制度として世襲制の性奴隷の制度を実施していたのです。

1886年に奴婢身分世襲が禁止されましたが、社会制度及び経済制度としての
妓籍制度の根は深く、実質的には日本統治時代も残っていました。

終戦後韓国では国策として外国人への売春が奨励され、日本の男性には懐かしい
妓生観光が活発化します。また駐留軍向けの「ウォーカーヒル」つまり
「米軍将兵慰安総合遊興村」も運営されました。
一説には朝鮮戦争時には30万人に上る娼婦が存在したと言われています。
またベトナム戦争時には特殊慰安隊という名称で韓国軍直轄の従軍慰安婦が
組織されたのが確認されており、公的記録として存在しています。

近年韓国で売春婦による売春容認と地位向上のデモが行われました。
しかし産業としての売春はなにも韓国だけの現象ではありません。
世界中どこでも存在するものです。

しかし姓奴隷を戸籍制度として確立させた朝鮮の法律は、世界中に多くは存在しないでしょう。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。