日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓日中「共通の教科書」を作るだと!?
民主党政権に代わり、日本国の舵取りについて色々と危惧していたところ、さっそく岡田外相が媚韓発言かましたようです。


韓日中「共通の教科書」、青瓦台高官が前向きな反応
10月8日11時42分配信 聯合ニュース

【ソウル8日聯合ニュース】青瓦台(大統領府)高官は8日、記者団に対し、日本の岡田克也外相が韓日中での「共通の教科書」作成を将来的な検討課題にすべきとの考えを示したことについて、「共通の教科書を作ることができるなら良いことだ」と前向きな反応を示した。ただ、これは簡単な問題ではなく、進めるとしても長期間のプロジェクトになるとの見方を示した。
 この発言は、3カ国の間で常に争点となってきた歴史教科書問題をめぐり、韓日両国による新たな解決策模索の必要性に共感を示すものと解釈される。中国政府の反応など、今後の行方が注目される。
 これに関連し外交ラインの主要参謀も、民間ではすでに3カ国共通の教科書に対する研究が進んでいるものと承知しているとしながら、「各国の歴史的な特殊性を勘案すべきとはいえ、肯定的な試みとなるだろう」と述べた。別の参謀は、アジア外交を特に重視する鳩山由紀夫首相の就任後、日本政府は北東アジアの歴史に対し前向きな態度を見せるおり、こうした提案が日本からなされたことは意味があると指摘した。



歴史の捉え方など国によって違うのだから、無理やり共通の教科書など作る必要などないでしょう。ましてや、歴史問題で今なお謝罪や賠償を求めてくるような国と共通教科書を作るなど、なんら必要性が見いだせません。これを行い、日本側にどんなメリットがあるというのでしょうか。
デメリットであれば、例えば、韓国・中国の主張するような、先の大戦で日本が一方的にアジアを侵略し残虐非道なことを行ったことを記述し、未来永劫日本人は謝罪し続けなくてはならないように思い込ませるなど、幾らでも考えることができます。

教育は人間形成、ひいては国づくりの最も根幹を成す極めて重要な部分です。それに使用される教科書に他国の思惑が含まれるようになれば、それは亡国の道へ一歩踏み出したということに他ならないでしょう。

人権擁護法案や外国人参政権など、阻止しなければならないことが山積しておりますが、またそこに教科書問題が加わりました。今後注意して動向を見て、必要であれば保守派の運動に呼び掛けていくつもりです。
スポンサーサイト

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。