日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
口蹄疫問題 ~ 日本の政治に横たわる闇
宮崎県の口蹄疫問題がかなりと言うレベルではないくらい深刻化しています。「責任問題追及は後回しで・・」なんていっているマスコミがあるようですが、これは政権担当している民主党を利するためのものではないですか。誰がどう見ても、初動対応をお粗末にした鳩山政権に責任があるのは言わずもがなです。

また、事態がここまで悪化しているにも拘らず、現地調査もろくにしない、現場の声に耳を貸さない。こんなことがまかり通っていいのでしょうか。

最近、よく読ませていただいている「ねずきちのひとりごと」様で、今回の口蹄疫事件についての国会答弁の模様を動画で見ることができました。なぜ、普通のマスコミはこのような重要なことをTVで放映しないのでしょうか。
本当に頭にきます。

まだご覧になっていない方はぜひご覧ください。

以下、「ねずきちのひとりごと」様より引用させていただきす。

2010.5.20【口蹄疫問題】江藤拓議員(衆議院本会議)


2010.5.20【口蹄疫問題】江藤拓議員(衆議院本会議)その2


↑この動画は、江藤拓議員の衆議院本会議での質問の際の様子の映像ですが、民主党議員たちのヤジと怒号は、すさまじいものです。

とくに後半では、マイクを持った江藤議員の声すらもかき消すほどすさまじい。

この動画には、江藤議員だけでなく、赤松農相もずっと写っています。

是非、動画をご覧になってください。
赤松農相は、江藤議員の真剣な訴え、地元の声を、まるで「聞こう」としていない。
口蹄疫という国家的大問題に対し、まるっきり真剣な態度や姿勢が見えません。

さらにこの質疑では、口蹄疫問題の総責任者であるはずの鳩山総理は、質疑の直前に姿を消しています。

加えて、ありえないこと、あってはならないことに、これだけ重大な問題に対し、2階のマスコミ席は、ガラガラです。
いつもなら各マスコミのカメラの砲列で一杯なのです。
これは衆議院の本会議なのです。
にも関わらず、メディアのカメラがまるでいない。
事前に「来るな」という圧力でもあったのでしょうか。

この動画を撮影し、掲載した「やまと新聞社」には、この動画のアップ以降、ものすごい数の嫌がらせが舞いこんできているそうです。

-------------------------------- 引用ここまで

こういう国会の現状を見て、民主党に票を投じた方はどうお考えなんでしょう。
また、夏にある参議院選挙にも民主党に日本を任せたいと思い、投票するのでしょうか。

この動画をよく見て判断してくださいと言いたいです。



スポンサーサイト

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。