日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞記事 日米琉40年 [上] を読んで
久々の更新です。

今、我が家では「朝日新聞」を購読しています。もちろん私の好みではありません。新聞はうちの女房がおまけ目当てに、読売と朝日を3カ月ごとに切り替えて購読しているということです。

さて、今日仕事から帰って遅い夕食をとりながら朝日新聞に目を通そうとすると、一面に「日米琉40年」という記事があるのが目に留まりました。というのは、「沖縄人は豚ですか?」という刺激的な小見出しがあり、その上には、横断歩道を渡る人々を背景にした女の人の写真が掲載されていました。

記事は一面だけでなく三面にも続いていたのですが、その中にこんな文章がありました。


「腐れナイチャー(本土出身者)。二度と沖縄に来るな」。茨城県の高校教師の女性(49)のブログに、5年ほど前から中傷コメントが書き込まれるようになった。
 沖縄での旅行や食べ歩きをつづっただけなのに、「沖縄の何がわかるか」「本土出身者が沖縄を駄目にしている」と止まらない。怖くなり、沖縄に足が向かなくなった。
 沖縄県内の大学で講師を務める男性が今年、学生たちにリポートを出させた。テーマは「沖縄の将来」。授業では一言も触れていないのに、約20人の全員が将来像の一つとして「日本からの独立」に触れた。男性は「以前は考えられなかったことだ」と驚いた。



これだけ読むと、沖縄の人たちはここまで本土の人たちを憎んだり、独立を希望するぐらい日本という国から心が離れてしまったのか、そのぐらい本土人は沖縄の人たちにひどいことをしてきたのか、と思うところです。

でも、ここは眉唾で、これってアカヒ新聞の本土・沖縄離間工作なんじゃないのかと、私はそう考えています。
よく、基地問題をことさら騒ぎ立てているのは本土から来た活動家ばかりで、地元の人はそんなに参加していないと話に聞きます。まぁ、これも噂なので実際はどうかなのか、沖縄人の友人がいない私にはよくわかりません。

あと、この記事の中で「軍用地料や米軍人らの消費など、いわゆる基地経済への依存度は(復帰後からこの40年で)15%から5%に減った」という一文がありましたが、これもどうやら数字のマジックのようです。

このサイトで確認してみると、どうやら金額は増えていて、観光収入が増えた分、相対的にパーセンテージが落ちただけというのが真相。


「軍事関係受取」は、復帰時の1972年に総額780億円で、県民総所得にしめる割合(基地依存度)は15.6%を占めています。
復帰後も軍関係受取は増え続け、
1975年には、1,000億円を越え、
1991年には、1,500億円を突破、
1995年には、1,736億円、
2001年には、1,901億円と、復帰時の2倍強まで増えています。

一方で、観光収入の増加もあり、県経済の相対的な基地依存度は、
1985年には、10.2%
1995年には、4.9%
2001年には、5.1% と若干上昇したものの、
現在まで約5%前後で推移しています。




しかも、軍用地料は不況に強いという特徴があるそうで、復帰後は軍用地との再契約を拒否する「反対地主」が減少して、契約に応じる「軍用地主」の増加につながっているのが現状だそうな。

本当に沖縄の人が嫌がっているのなら、地主さんは「反対地主」になるんじゃないのかと思うんですが、どうなんでしょうね、アカヒ新聞さん?
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。