日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飢餓輸出とか・・
日程統治下の朝鮮からの米の収奪についてコメントがついていたので、それがらみの話を少々・・

コメントを下さった方は下記のように述べておられます。
----------------------------
・輸出作物としてコメへ強制的に作付け転換したこと
が重なり、ある時期から朝鮮半島で食べるものが無くなったということへの恨みがあるのだと推測しています
(現に、いつごろだったか、昭和初年頃だったと思いますが、満州から朝鮮半島への雑穀の輸入が急に増え始めるのです)。
別項に掲げられている、朝鮮人所有と日本人所有の田/畑比の違いが、その傍証のように思えます……。
------------------- 引用ここまで

朝鮮について興味のない大半の日本人は『朝鮮総督府統治下の圧政で、餓死者も出すひどい有様だった』という朝鮮人の言い分を素直に信じてしまうようですが、今回コメントいただいた方もそのような方の一人なのでしょうか・・

コメントいただいた記事の中に『朝鮮での年間穀物消費量の資料』を提示していたのですが、それを見る限りにおいて『ある時期から朝鮮半島で食べるものが無くなった』とは言えないはずです。『恨みがあるのだと推測』するのは勝手ですが、食べ物がなくなった訳ではないのになぜそう推測するのか理解に苦しみます。(朝鮮人自身が恨みを持つのは捏造教科書のせいなので納得できるのですけどね)
あと日本に輸出する為、朝鮮総督府が米作を奨励したことは知っておりましたが、『強制的に作付け転換』したというのは初耳でした。できれば、その辺の資料を教えていただけるとありがたいですね。

この方がおっしゃる通り、確かに満洲から朝鮮への雑穀輸入(特に粟)が増えるのは事実です。朝鮮人が言う所謂『飢餓輸出』で、日帝統治の中でよく非難されることの一つなのですが、日本にコメを輸出して得たお金で雑穀を買いそれで腹を満たしていたと考えるのが妥当ですし、以下のような側面を持つことを無視してはいけませんよね。

「韓国・朝鮮と日本人」 若槻泰雄 1989年 原書房 より--------
『米を売り、粟を買って食料とした』という事実は、自ら収穫したものだけを食べる自給自足段階にあった朝鮮農民が、高いものを売り、安いものを買い、その差額で食料以外のものを購入して生活水準を上げるという市場生産に参加する農民に脱皮したことを意味するのである。
-------------------------

『朝鮮人所有と日本人所有の田/畑比の違い』については、単純に主食の違いと考えていいでしょう。朝鮮人自体、米より粟などを中心に食していたようです(特に半島北部は地理的・気候的な条件もあり稲作が難しかった)し、当然自分が食べる、もしくは売って利益を得る作物を作ることになりますよね。

またこの方は『朝鮮半島の農民にとっての、失業の真因』は水路などの設備投資や施肥などの経費増によるものとお考えのようですが、私は朝鮮半島の農民の困窮は「朝鮮人地主による苛烈誅求にある」と単純に考えておりますので、この件に関しましてはぜひご自身でお調べ頂きたいと存じます。
(設備投資などの経費が増えて収穫量がそのままであれば確かにひどい話なんですが、耕作地面積がほぼ横ばいにもかかわらず、収穫量は格段に増えていますから)


付け加えて、朝鮮関係の特に日帝統治前後の歴史がらみの件につきましては、コリアン・ウォッチャーのバイブルをご一読してからのほうがよろしいかと、老婆心ながら申し上げさせていただきます。

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

日本人に寄りかかる韓国人、韓国人に甘い日本人
近年の宇宙開発事業については皆さんもご存じのとおり、日本も各国と協同(アメリカ、ロシア、日本、カナダ、ESA(欧州宇宙機関))で国際宇宙ステーション(ISS)計画を推進しております。つい先日には日本人の土井隆雄さん(53)がスペースシャトル エンデバー号で国際宇宙ステーション(ISS)に到着し、3/14には日本実験棟「きぼう」の最初の部品である船内保管室の取り付け作業に挑むそうです。

こんなことを書いておきながらですが、この宇宙開発事業についてはたった今ネットで調べたにわか知識です。ですが、ちょっと調べただけで、この国際宇宙ステーション(ISS)計画に韓国が参加していないことがわかりました。

で、実はこんなことがあったようです。

【日韓/宇宙開発】”きぼう”での日韓共同実験と施設の無償利用をJAXAが検討・・・韓国側要請により [08/3/13]

今回の日本実験棟「きぼう」を宇宙に設置し、そこで行われる予定の実験は当然日本人の税金で賄われているはずです。そこに韓国から共同で使わせてくれとの申し入れがあったらしいですが、であるならば当然そこまでの経費や実際にその実験にかかる時間等を考慮し有償とすべきなのは誰もが思うことでしょう。それを唯々諾々として許そうとし、ましてや無償利用を検討しているJAXA・・・  組織を私物化しているとしか思えません。


さらに、宇宙開発についてはつい数日前にこんな問題も発覚したばかりです。

 韓国人宇宙飛行士に技術文書コピー疑惑浮上

コリアン・ウォッチャーの方にはご存じのとおり、彼らの手癖の悪さは日本人の想像を超えております。小は町工場のスパナから、大は今回のこのような技術情報まで、彼らは何でもかんでも「ウリのもの」にしようとします。 宇宙飛行士候補というエリートでさえこの有様なのですから、もし今回の日本実験棟「きぼう」での共同実験などを行おうものなら・・   「きぼう」は「ぜつぼう」に変わるのではないでしょうか。

「なんとかせねば!」と思った方はこちらから JAXA(宇宙航空研究開発機構)宛てに意見を送ることができますので、是非無償利用の阻止と韓国との共同利用の危険性を訴えてください。「一人が言っても始まらない」ではいつまでたってもスタートできません。ちょっとずつ、自分でできることから始めてみませんか?


テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

盧の青瓦台,敏感な資料大挙削除…ハードディスクも破棄
つい先日、韓国の大統領が交代しましたが何かと大変なようです。

在任中、コリアンウォッチャー達を思う存分楽しませてくれた前大統領ノ・ムヒョンは、退任後もお土産を残していってくれたようですね。


盧の青瓦台,敏感な資料大挙削除…ハードディスクも破棄
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=sec&sid1=100&sid2=264&oid=079&aid=0001946740(ノーカットニュース 韓国語 2008/03/07) 

ノ・ムヒョン政府時代の青瓦台が政権の引受・引継過程において青瓦台内部の敏感な資料の相当部分を破棄していたことが判明し、国政に少なくない蹉跌がもたらされるなど10年ぶりに成立した政権交代の後遺症があちこちで現われている。

特に、民政や人事など敏感な部署の資料はもちろん青瓦台の電算システムであるイ・ジウォンファイルとコンピューターのハードディスクまで破棄されていたことが分かった。


青瓦台の総務秘書官所属A行政官は「ノ・ムヒョン政権が残した業務参照資料が全くなくて完全に新規に始めれば難しい事は一つや二つではすまない」とし「それでも政府関連部署の助けを借りて業務を推進しているが、夜明けの2~3時を越すのが常だ。」と難しさを吐露した。


この行政官は「すべての政策が急に空白となり急激に落ちたのではない以上、前政府の業績を土台に新しい政府が 5~10% 位の変化を与えるのではないか」とし「現在青瓦台の状況は行政業務の連続性がゼロの状況だ。」と付け加えた。


政務首席室のB秘書官は「ノ・ムヒョン大統領が作った青瓦台の'イ・ジォンシステム'はいわゆるNo paperシステムで、文書が一切必要なくメモまですべて保管される立派なシステムだが、イ・ジウォンに接続したらファイルがすべて消されてるか割れた状態のうえ業務協助を受けるために前任者へ電話をしても百回コールしても出ない」と明らかにした。


人事秘書官所属のC行政官は「25日の就任式とともに青瓦台秘書室に到着して見たら事務室に残っている資料は一つもなく何も出来ず、コンピューターのハードディスクを破棄した事例もある。」とし、ノ・ムヒョン政府青瓦台の痕跡を消した行動に憤慨した。


民政や人事、外交安保など敏感な内容の資料を多数保有している部署の資料破棄現象がもっとひどいが、すべての部署でも等しく現象が現われ副作用が深刻な水準だ。


新しい政府はノ・ムヒョン政府が25,000人の人事ファイルを丸ごと政府記録保管所に移管したせいで、狭いインゼプルの中で適任者を捜し出すのに困難を経験したし、業務を白紙の状態で新しく始めたため投入した時間と費用はそっくりそのまま国家的無駄使いにつながっている。


大統領任期終了とともに記録物を政府記録保管所に移管するようにした大統領記録物管理法を勘案しても、次期政府が参考する最小限の資料は残すのがその間の慣例だった。


問題はノ・ムヒョン政府と李明博政府の政権交代期に青瓦台秘書室が公式的に引受引継過程を経なかったというだけでもなく、制度的に業務の不連続性を阻む方法がないということだ。


また10年ぶりに進歩が保守政権へ入れ替わったことで、過去政権期に発生した敏感な事項が露出した場合に紛乱の元となったり政治的報復につながる可能性があるという憂慮のために引受引継をしなければならない資料を破棄したようにも見える。


しかし、 政権と行政の不連続性は直ちに国家的な無駄使いの要因になっているという点でこの際、政権引受引き継ぎ過程の空白を最小化する制度の補完が成立しなければならないという指摘が出ている。(翻訳 2ch 壱軸冠蝶φ氏)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

朝鮮総督府政策一覧
▼朝鮮総督府政策一覧
併合時(1910) 終戦時(1945)

・教育の普及 無いに等しい → 小学校5,213校、生徒数2,389,135人、就学率61%(1944)、京城帝国大学創設(1924)

・耕地面積  246万町歩 →449万町歩

・水田面積  84万町歩 →162万町歩(1928)

・石高(米の生産量) 約1千万石 →2千万石(1930)

・鉄道   3,827km敷設

・人口  1,313万人 → 2,512万人(1944)

・植林  禿山 → 30年間で膨大な量

・反当たり収量 0.49石 → 1.49(3倍)

・平均寿命 24歳→56歳

・朝鮮半島の強盗件数
昭和2年 1771件
昭和7年 1261件
昭和12年 727件
昭和17年 394件

    朝鮮総督府『統計年報』


 日韓併合(1910)~終戦(1945)までの間に、教育など無きに等しかったのに、小学校を5,213校作り、就学率を61%(1944)までにし、お人よしにもハングルまで広めてやり、鉄道を 3,847kmも敷き、禿山だった山を緑溢れる山にし、人口が1,313万人→2,512万人へと2倍近く増え、一人当たりの国内総支出が1910年の58円から1938年には119円と倍増した。

----------------------------------------------------------------
以上、エンコリよりコピペ。  簡単にまとまっているのでメモ代わりにUP。


上記のような事実がある事は判りきっているのに、朝鮮・人や反日左翼人はなぜその功績を認めようとしないのでしょうか。不思議ですね。

確かに朝鮮総督府が100%の善政を布いていたとは私も思いませんが、かといって「史上最悪の植民地政策」だと考えることは出来ないはずです。上記の事実を見る限り、日本はよくやっていると見るのが普通の人の感覚でしょう。

現在のどこの国の政策でも一長一短があり、人間達は多かれ少なかれ所属国の政策に不満を持ちながら生活しています。地球上のどこにも「地上の楽園」など存在しないのです。そういう現実を無視して、「日帝時代」の失政に当たる部分を探し出してきて、重箱の隅をつつくようにあげつらう朝鮮・人や反日左翼人は、グローバルな視点が欠けているとしか言えません。

日帝を批判するのなら、李朝末期や大韓帝国の政策と比較して行うべきでしょう。また「史上最悪の植民地政策」と言い張るなら、欧米諸国の行った植民地政策とも比較せねばならないはずです。ですが、私が見てきた朝鮮・人や反日左翼人のブログやHPでは、「日帝時代」の失政に当たる部分を探し出してきて、重箱の隅をつつくようにあげつらうものしかありませんでした。(私が見落としているだけでどこかにあるのかもしれませんが)

彼ら、朝鮮・人や反日左翼人は色々資料を提示して「だから日帝は!」と畳みかけようとします。人のよい(歴史を余り知らない)日本人は、彼らの資料を見て思考停止してしまい、下手をするとサヨク側に取り込まれる可能性があります。 そうならないためにも、朝鮮総督府がどんなことを行って、その結果がどうなったのか、我々普通の日本人は知っておく必要があります。




テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

日帝による「米」の収奪とは? (6)
以前、私が論戦していたブログでこんなことを言われました。

『ありとあらゆる食料が収奪されてひどい時には餓死者を出す有様』

これを書き込んだのはブログ主ではなかったのですが、これを読んだときには正直脱力いたしました。日帝統治期に対する韓国の若者の認識は、恐らくこんなものなのかもしれません。確かに日帝統治期にも餓死者0とはいかず、なくなられた方がいらっしゃった筈です。が、李朝末期のそれに比べればはるかに改善されたものでした。(どこかで読んだんですが、出典が提示できませんので判明したらお知らせします)
以下に、朝鮮半島内での朝鮮人と日本人の人口の推移のデータを提示します。(日本人のデータは必要無いのですが、ついでで)

朝鮮人の人口推移


朝鮮人の人口推移(グラフ)



唯一、日清から日露戦争時にかけて減少していますが、これは戦争の被害を避けるために非難していたと見るのが妥当かと思われます。1907年にはしっかり人口が戻っていますから。
その例外の時期を除けば順調に人口が増えているのがわかりますね。
前回に提示したような朝鮮人の窮状がずっと続いているようなものであれば、栄養状態が悪くなり、乳幼児の死亡率が増えてこんな人口増加はありえませんし、また平均年齢が伸びるということも無いので、やはり人口は増えません。データで見れば一目瞭然ですね。


※ 以前提示したデータと人口の差異があったりしますが、出典元が参考にした物自体が違うためと思われます。

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。