日本周辺の国々から聞こえてくる雑音、はたまた日本国内から聞こえてくる異音、そんなものについてです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「命はどう使うかがたいせつ」
備忘録代わり

**********

240 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2009/04/11(土) 21:07:51 (p)ID:HY2znITs(2)
今日、思いだしたので投下。
12~13年前に我が家に来たアメ留学生が「侍」マニアで日本大好きな大学生だった。
結構、日本語も達者で家にいる時は冬なのに自前の浴衣を着る人だった。
夕食の時、太平洋戦争の話になって浴衣外人が特攻隊について
「特攻隊の人は死にたかったんじゃなくて親、兄弟を守るため
死ぬのは嫌だったけど死を選んだんですよね」って質問してきた。
家族全員、どう答えていいかわからず黙っていたら、祖父が、
「嫌だの死を選択したのだのとかじゃないんだよ。命をどう使うか
考えた末の事なんだよ」と浴衣外人に話した。
あまり、口数が多くない祖父だったし、記憶が定かではないけど、
ほとんど家にホームステイに来たアメ留学生とも会話してなかったが
祖父の言動にちょっと戸惑ったけど、何かを感じたのかごはん食べながら泣いていて、
次の日から帰るまで、祖父べったりになった。
俺はちょっと嫉妬したけど、帰る間際に親日を誇っていた彼が
「日本の心に少し近づいたような気がします」と言い残して帰って行った。
その浴衣外人から祖父の命日に毎年はがきが来て、
祖父が言った言葉をつたない日本語で書いてくる。
「命はどう使うかがたいせつ」この文章が一昨日届いた。
胸が熱くなったので投下した。反省はしない。

**********




テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

日本びいきの外人を見るとなんか和む ・・・ 台湾編
ここのところ台湾づいているので 日本びいきの外人を見るとなんか和むスレのまとめ から、台湾関連のものをご紹介。
事の真贋はわかりません。 読んだ方ご自身で判断してください。

525 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2009/03/07(土) 05:18:32 ID:b+LO9Mgw
今留学してて学生寮に住んでるんだが、うちの寮には台湾人が多い。
入寮してまもなく、もう一人の日本人に共有スペースでいろいろ日本語で質問していると、うしろに台湾人がみっしりいて、満面の笑みで笑っている。 びっくりすると、そのうちの一人が言うには、

・自分たちの祖父母は日本語が堪能である
・子供、孫世代に話に加わらせたくないときに、「祖父母世代専用言語」として便利に使っている
 (要するに、夫婦同士や友達だけで話したいときね)
・その関係上、日本語を聞くとホームシックが癒されるからもっとしゃべれ。

とのことだった。さあどうぞどうぞと言われると気恥ずかしいものがあったが。
それからも、共有スペースで何かの拍子に(いたっとかあつっ)とか日本語が出ると、 台湾人学生たちがわらわらわらとやってきて、「もっと日本語しゃべって」と頼んでくる。

自分の国の言葉を好きでいてくれるってのはいいね。

************************

890 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2007/05/30(水) 19:05:41 (p)ID:isQOOzLg(3)
84 : :04/02/18 12:51
何年前だったかな。10年以上前か・・・
テレビの深夜枠で結構ディープなドキュメンタリーやってたんだ。
高砂義勇隊の台湾ジジイが二人で戦後初めて靖国神社に参拝するって内容だったと思う。一切日本語はしゃべらなかった。(編集でカットしてたのかな)
台湾ジジイ二人でくしゃくしゃの戦闘帽かぶってよろよろだ。背中曲がってふうふう言いながら本殿へ歩いていくわけ。
でな、本殿へ近づくにつれてジジイの目が潤んでくるんだ。
そんで、引きつってた顔はだんだんと温和になってくるんだ。
そこで全編通じてジジイがたった一言発した日本語。

「おい!・・・会いにきたぞ!・・・」

ジジイの目に何が見えてたのか解からんが、
本殿から「なんだ藻舞ら、ジジイになりやがって」
とか聞こえてたンかも知れんな。あのシーンは忘れられん。




高砂義勇兵の話は正直、目頭が熱くなってしまいました・・・ (´_`。)
このドキュメント番組、見てみたいなぁ 

台湾人と日本精神 (1)
以前から読みたいと思ってはいたのですが、地元の本屋では手に入らずそのままにしてしまっていた

「台湾人と日本精神」  蔡焜燦 著 (小学館文庫)
 
先日のNHKの偏向報道の件もあり、アマゾンを使って他の本も含め購入して読み始めました。
その中の一節をご紹介します。

※この本の筆者は、文豪・司馬遼太郎氏が「街道をゆく・台湾紀行」を書くための取材に訪れた時の現地の案内人ですが、日本統治時代を経験し、陸軍航空整備学校奈良教育隊で終戦を迎えた方です。


『台湾人と日本精神』  蔡焜燦 著 (小学館文庫)P.36~37より抜粋

会食の席にあっても司馬先生の脳細胞は、視界のすべてを思索してやまなかった。
 あるとき、美味しいものが食べたいとの要望に、私は珍しいヘチマ料理を用意した。お供の新聞記者が「これ何ですか」と訊いた。当初、司馬先生も「食材」へと変化を遂げたヘチマがなんだかわからなかったようだ。
「これ、じつはヘチマです」と紹介するや、同席した人たちは口々に化粧水、垢こすりと結び付けた。
「いえいえ、ヘチマは薬にもなりますよ。熱さましです」と私がその効用を披露すると、文豪・司馬遼太郎は箸を止めて立ち上がり、正岡子規の俳句を詠みはじめる。
「痰一斗……」と上の句が出たところで私が唱和した。
「……ヘチマの水も間に合わず」
続けて一句。
「ヘチマ咲いて……」
「……痰のつまりし仏かな」
そして最後に、正岡子規のヘチマに関する三つ目の俳句で結ぶ。
「おとといの……」
「……ヘチマの水も取らざりき」
 お供の記者たちは驚きの表情を隠さなかったが、司馬先生は我々台湾の”日本語族”が単なる知日家や親日家ではなく、かつて同じ歴史を共有した”国民”であることをよく理解していたようだった。



この司馬氏の作品 「街道をゆく」シリーズは週刊朝日に連載されたものですから、ここでの記者とはおそらく週刊朝日から派遣された記者と推測されます。
果たしてそれらの記者の中で、この著者のように正岡子規の俳句を諳んじることができる人がいたのでしょうか? 甚だ疑問です。 また、このシーンだけ切り取っても、日本統治下の台湾の教育水準の高さなどをうかがうことができると思います。

まだ読み切っていないこの本を読み進むにつけ、腹が立ってくるのは先日の偏向報道疑惑のNHKの番組やその内容をことさら肯定し日本批判をする連中です。
さるブログでは台湾総督府民政長官として赴任した後藤新平について、『後藤新平は「ヒラメの目をタイの目に変えることはできない」と語ったという。台湾人は決して日本人になれないという意味だろう。後藤にとって日本人は「タイ」だが台湾人は「ヒラメ」だった。事実、日本帝国主義は台湾人を人間扱いしていなかった。』として解釈しています。

勘違いも甚だしい。いや、わざと間違えた解釈をすることにより日本を貶めようとしているのかもしれません。でなければ、自分の偏狭な先入観でしか物事をとらえることのできない可哀相な人なのでしょう。ちょっとでもインターネットを調べればわかることですが、この後藤新平の語った「ヒラメの目をタイの目に変えることはできない」とは、後藤自らが「生物学の原則」に則ったものであると説明しています。すなわち『社会の習慣や制度は生物と同様で相応の理由と必要性から発生したものであり、無理に変更すれば当然大きな反発を招く。よって現地を知悉し、状況に合わせた施政をおこなっていくべきである』というものであったのです。日本人をタイ、台湾人をヒラメに例えた差別容認の比喩では断じてないのです。このことは、上記の「台湾人と日本精神」(小学館文庫 P.58~59) にも、アヘン漸減政策を例に述べられています。

その他、まだまだ言いたいことはあるのですが、おいおい書いていくことにしたいと思います。

外人から見た日本
最近、日本びいきの外人を見るとなんか和むスレのまとめ というサイトを見て、笑ったり、うなずいたり、涙ぐんだりしてます。
そこで、良いこと言ってる黒人さんの話をご紹介します。


323 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2009/02/04(水) 20:05:25 ID:ZYvTwcN8
この前友人のアフリカン雨人を拉致って家で飲んでたんだが
捕鯨緑豆から日本にきた外人が
日本人は人種差別だと非難している雨人の話題に移ったら
激しくぶちぎれたの巻
なごなごというか驚いた。
以下そいつのセリフ。順序とか正確ではないけど。意訳あり

友人曰く
「大体白人はいつもそれだ。いつも自分がただしいと思ってやがる。
日本人が人種差別だと?俺はそうは思わないね。
単にお前が溶け込めなかっただけだろ。
アメリカは人種差別のない国じゃない、人種差別のある国だ。
ただ禁止しているに過ぎない。
アメリカではつねに居心地がわるかった(ちなみにこいつはゲイ)
だが日本は違った
俺に偏見を持つ人も差別的な侮辱するひともいなかった。
電車で街中、銭湯だって嫌がられたりしない
尊重してくれた。日本こそ真の自由国家で間違いない。
ゲイでも、レズでも、どんなファッションでも、変態でも誰も文句を言われない国だ
原宿や秋葉原が許されるのは日本だからだ。アメリカでは不可能だ
キリスト、イスラム、ユダヤ、仏教、すべてに寛容な国は日本だけだ
ロシアさえも好きな日本人もいっぱいいるし、他の全ての国に寛容だ
世界中が日本人みたいに寛容だったら世界が平和になるよ。
捕鯨や人種差別など白人の目線で相手に自分達を強引に押し付けるから平和にならない
アメリカはいつもそれだ。世界から嫌われていることを自覚しろよ・・・」

とまぁいろいろとぶちきれだして1時間くらい文句をぶつけられた。俺が。
そのほかにも正論はきまくっててワロたw
長いので割愛するけど
なんで日本人の俺じゃなくお前がムキになってんだとなごなごした

355 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2009/02/05(木) 01:21:05 ID:uvTOj3Fs
>>323
はははは、乙www
そう思ってくれるのは嬉しいね。多神教と一神教の違いもあるだろうけど、
白人至上主義ってのがあるんだろうねえ。

378 :323 :sage :2009/02/05(木) 10:25:58 ID:AJhREB8Q
>>355
ちなみにそいつはキリスト教徒だし捕鯨反対派w
だけど俺が日本人は文化や思想の押し付けはしないことを説明したら納得してた。
「韓国の犬喰いだって好きじゃないけど
日本でしないなら彼らの文化だし何も問題はない。
共産党や社会主義とか嫌だけど
ロシアや中国など日本に迷惑かからんなら別に問題はないんだよ
日本人はプーチン好きだし激寒のウォッカロシア人を尊敬している。
アメがマックとコーラの肥満野郎でも糞車作っても好きにやればいい。
ただ日本じゃ受け入れられないだけだ」
とか適当に好き勝手いってたら、ふんふん聞いてた。糞車じゃないとは言っていたw

ちなみにアパートや築地などの外国人お断りには、そいつ曰く
『白人は自分が断られることは少ないからな、差別をうけたと思うだろうが、
これこそ日本が人種差別がないといえる理由だ
他の国ではどうだ。白人はOK、黒人は金持ちならOK、
アジア人はNGとか差別があったりする。職業や人種で分けられる。
日本は人種、職業関係ない。みんな同じ外国人として扱われる。
そして外国人が断られるのは信用がないからだ。
信用のない奴とビジネスや付き合いができないのは当然のことだ。
信用がないならつくるしかないのに。
それを日本が人種差別だと批判して、
自分達を省みないから日本人にうけいれられなかったんだよ。
WW2で負けた日本は何もない最底辺国家になった。
日本人は世界中で信用のないアジア人だった。
それを日本人は行動でしめしたからこそ信用のある日本人になったんだ。
それに憧れて日本にきたんだろう?
外国人すべてOKとかしてたらそんな憧れた日本でなくなっちまう。
日本が日本でなくなってアメリカみたいになっちまう。
日本は外国人お断りじゃなくて、日本の考え方が理解できない外国人おことわりなんだよ。
日本を理解する外人は歓迎される。
そうすることで例え外人が増えようとも日本は日本でありつづけることができるんだ。
日本人に受け入れられることは難しい。
だけどその努力をするのは日本人じゃなくて外人のほうなんだよ。
日本になじめたら日本がどんなに素晴らしいか、なぜ犯罪が少ないのか、
それが理解できるようになる。』

とかなんとかいってた。
でも2000年つづく変態国家をそうやすやすと外人が理解するのは無理だろw
と思ったがいうのやめといた。



すぐに差別がどうで、謝罪と賠償を・・・と言いだす民族とはえらい違いです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。